TOP>連載 > 【わんこと行くクルマ旅】三浦海岸アレーナ 後編
  • 連載

【わんこと行くクルマ旅】三浦海岸アレーナ 後編

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

今年の春から夏にかけて、「わんこと行くクルマ旅」で、ぜひ訪れたい東京からほど近いビーチリゾートが三浦海岸。ひと足早く春が訪れる場所でもあるんだよ。

三浦海岸で希少な店内まで犬が入れるリゾート気分満点な「ブルームーン横須賀」でランチを楽しみ、三浦海岸アレーナにチェックイン。マリアお薦めの201号室でまったりしたあとは、夕方のお散歩タイム。宿から歩いてすぐの距離にある海岸へ(宿にドッグランはありません)。海水浴場ではないので、真夏でも人が少なく、お散歩しやすいのがうれしいポイントワン。

三浦海岸犬散歩
三浦海岸でお散歩

 

海を見ていた午後
「海を見ていた午後」

三浦海岸で夕方のお散歩を気持ち良く済ませ、ビーチリゾート気分を満喫したあとは、スイートAのテラスで、パパお約束のハワイアンサンのクァバジュースタイム。パパが今から30年以上前に、ハワイのABCストアーで買って飲んでそのおいしさに感動して以来、リゾートに必ず持っていく、冷やしたハワイアンサンのグアバネクターで三浦海岸に乾杯。ちょっぴり見える三浦の海の夕景がきれいだったよ。

レスポンス三浦海岸7
テラスが気持ちいいよ。グァバジュースで乾杯中

ちなみに201号室にはバスルームが完備されているけど、外風呂もあって、お風呂事情は文句なしなんだって

アレーナ外風呂
内鍵付き24時間入浴可能なお風呂

夕食は1階のドーンと大きな扉の中にある、もちろん犬同伴OKのゆったりとしたスペースのレストランで。

アレーナ三浦海岸のディナーコースはシェフの手による三浦や葉山の新鮮な食材にこだわったもの。三浦の地魚とアレーナの気まぐれアミューズに始まり、三浦産野菜のサラダ、旬采のスープ、 近郊漁港の厳選鮮魚によるお魚料理、炭の香をまとったスペアリブのお肉料理と続き、最後にデゼール(フランス語のデザート)の盛り合わせ、コーヒーまたは紅茶というもの。

アレーナ前菜
メニューは滞在時のもの

アレーナ魚料理
メニューは一例です

アレーナ肉料理
 デイナーの内容はHPで確認を

パパいわく、どれも見栄えが美しくおいしいんだけど、とくに三浦の夏野菜のサラダは感動もの一品。野菜がどこで買えるのか、即座にシェフに聞いてしまったほどでした。

アレーナ野菜
三浦の野菜が絶品でした

アレーナデザート
 これは夏のデザート

もちろん、マリアとララもペット栄養管理士によるディナーをいただきました(チェックインの際、マリアが支配人にこっそり注文しちゃいました~)。

アレーナ犬ディナー
ワンコメニューは230円~

アレーナ犬ディナー風景
並んで食べました

ところでディナーの際、パパがちょっぴり感動したことがありました。パパはアレーナ三浦海岸初滞在だったんだけど、以前、同じカーロフォレスタ系列の軽井沢、北軽井沢、伊豆高原、館山の宿に泊まったことがあって、そこで「青魚」が苦手と伝えていたらしいんだ。

カーロフォレスタ系列の宿に最後に泊まったのはもう何年も前のことなのに、パパのアミューズだけ青魚が省かれ、別の食材に変更してくれたんだよ(もちろん、自然にアレーナ三浦海岸には何も伝えていません)。こうした顧客の好みを全系列で共有しているきめ細かいサービスに感動したというわけ。小さなことだけど、滞在がより快適で、満足感の高いものになること請け合いワン。

翌朝の朝食はディナーの洋食から一転、地魚がメーンの和朝食。ジュース類、御飯はセルフサービスでお代わり自由。マリアとララもしっかりわんこ朝食を注文。パパたちもマリアもララも大満足の1泊2日でした。

アレーナ朝食
朝は和朝食

帰路は昨夜、アレーナ三浦海岸のシェフに教えてもらった、三浦、葉山の新鮮野菜が格安で手に入る、地元住民に愛されるJAよこすか葉山農産物直売所「すかなごっそ」へ(店内に犬は入れません)。宿でおいしいものを食べ、その感動の一部を自宅に持ち帰れるのは実に幸せ。

すかなごっそ
JAよこすか「すかなごっそ」

すかなごっそ店内
新鮮野菜、魚介を販売

アレーナ三浦海岸からはクルマで15分ほどの距離にあり、横浜横須賀道路に接続する三浦縦貫道路の入り口にも近いから、三浦海岸を訪れたときはぜひとも立ち寄ってほしいワン。

くり返すけれど、今年のゴールデンウィークまであとたった2カ月ちょっと。愛犬との春から夏にかけての「わんこと行くクルマ旅」のドライブプラニング、宿の予約はお早めに!!

アレーナイメージ
犬もアロハシャツが似合う宿だよ  

シャトル三浦海岸
 ビーチリゾートに似合うホンダ・シャトル

◆三浦海岸アレーナ
http://www.caro-foresta.com/arena/index.html

◆JAよこすか葉山 すかなごっそ
http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/sucanagosso/

P1070606-SLNYH@1

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ジャーナリスト。1956年東京生まれ。雑誌編集者を経験した後、フリーのモーター&トラベルジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、ドッグライフプロデューサーとしても活動中。コンパニオンアニマルとしてのペットとのドライブ、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • 連載

露天風呂で愛を育む【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編10)】 (8.20)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (8.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がへそ天する理由って? (8.18)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る