TOP>連載 > 【ペットのがん治療】がんの3大治療とは?
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの3大治療とは?

Dr.岡本のペットのがん治療最前線

-がんの治療(1)-

e09f1c93b800da321706b963077ca31a_s

今回より、がんの治療について解説します。《前回の記事を見る》

各種診断により、がんが確認されたら次は治療です。一般的にがん治療の目的は表1に示したように、大きく3つに要約されます。すなわち、すべてのがん細胞を除去する、最初に発生したがんの再発と転移を防ぐ、がんの治療効果と副作用のバランスをはかる、ということです。この目的のために医学、獣医学で標準的治療として認められているのが、表2に示した外科手術、化学療法、放射線療法です。これを3大治療と呼びます。

o001
表1.がん治療の標準的目的

o002
表2.標準的治療法(3大治療)

もしこれらの3大治療で治療目的が達成できず、がんの再発、急速な成長が見られた場合、次の2つの方法が検討されます。1)がんの進行を防止するために、より積極的な治療法を実施(実験的治療)する、2)全ての治療法を使い果たした場合、症状緩和の処置を実施(緩和治療)する。これらの流れを模式図にしたのが図1です。

ここで述べた実験的治療には免疫療法、凍結療法などの様々な治療法が含まれています。これについてはまた詳細に説明をします。

o003
図1.がん治療の模式図

また、がん治療は局所治療と全身治療という分類もできます。外科手術、放射線療法、凍結療法などは局所的治療であり、化学療法、免疫療法などは全身治療です。局所療法とは、がんそのものに的を絞った治療です。病巣が限られている場合に用いられます。全身療法とは、病巣が複数確認できたり、全身にがん細胞が侵食している場合などに用いられます。塊を作るがん(固形がん)に対しては、これらの局所治療と全身治療を組み合わせて治療がされます。

では3大治療の一つである外科手術から解説していきます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

もしかして、ボケがはじまった? 【犬猫家族】 (12.17)

  • 連載

エリザベスカラーを装着したけど…【犬猫家族】 (11.21)

  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る