TOP>連載 > ボタンをごくり!?わんこが異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

ボタンをごくり!?わんこが異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】

001

先日、こんな出来事がありました。

顔色を変えた飼い主さんが、ワンコを抱っこして来院されました。看護師が受付で問診したところ、「ついさっきボタンを飲み込んでしまったんです!」と慌てた様子で状況を伝えてくださりました。

ワンコが飼い主さんの洋服で遊んでいたので、その洋服を取り上げたところ、ボタンがなくなっていたと・・・。

この様に食べて消化できるもの以外を、「異物」と言います。異物を摂取した場合、その材質や形状、種類などでその対処方法は異なります。特に問題を起こしそうにない素材や形、大きさの場合は経過を見ることもありますが、腸閉塞を起こしかねないものの場合は処置が必要になります。具体的には催吐作用のある薬を使って吐かせる方法や、内視鏡を使って取り出す方法、場合によっては開腹手術が必要な場合もあります。

飲み込んだ直後で、果物の種だったりボタンのような丸い小さな物だった場合には、催吐作用のある薬を使って吐かせます。メリットは麻酔をかける必要がないので処置が大掛かりにならず、動物への負担も軽度なことです。

ただ、爪楊枝や竹串のような尖ったものや、硬い突起がついているようなもの、あまりにも大きな異物の場合は、吐かせる過程で食道を傷つけてしまったり、異物が途中で引っ掛かってしまい喉をつまらせたりするリスクもありますから注意が必要です。私たちが、催吐処置を行う場合は、催吐剤を注射後、きちんと吐ききることができるか、途中で喉に詰まらせたりしないかを注意深く観察します。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る