TOP>連載 > はじめてのお散歩【50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

はじめてのお散歩【50過ぎて犬を飼う】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(5)

はじめてのお散歩

DSC02197 (1)

生後六か月を迎えたリンコは、本格的なお散歩を始めることにした。

幸い、ウチの近所には井の頭公園がある。

「慣れさせるため、まずは抱っこして公園をぐるりとしてみてはいかがでしょうか?」

ドッグトレーナーのアドバイスに従って、とりあえずリンコを抱っこして、公園に来てみた。季節は、春先である。

犬、イコール、散歩である。

なぜ犬には散歩が必要なのか?

運動不足の解消はもちろんだが、それ以外にも、人や他の犬とコミュニケーションが取れる犬に成長させるため、というのもあるらしい。

どうせなら、みんなから愛される犬に育てたい。そのため、幼いころから人馴れ・犬馴れしておくといいそうなのだ。

私に抱っこされたリンコは、初めて見る外の風景に目をキョロキョロさせていた。

「可愛い!コーギーですね」

すれ違う通行人も声をかけてくれる。

そこで、少し公園内を歩かせてみることにした。リンコ、初めての散歩である。

私の頭の中には、リードで繋がれた犬を引き連れてさっそうと走る自分のイメージが出来上がっていた。

ところが、リンコは全く動かないのである。

「あれれ?」

リンちゃんどうしたの?と声をかけると、いきなりぴょんぴょん駆け出した。仔犬に引っ張られように、私もダッダッと後から走る。と、思うと急にピタッと止まる。が、すぐにぴょんぴょんを始める。

ぴょんぴょん、ダッダッ。を繰り返しているうち、ふと私はリンコの足元に何かが落ちていることに気づいた。

「走りながら、ウンチをしている!」

生後六か月の仔犬は、まだ充分に排便をコントロールできないのだ。そのため、少量の便を走りながらまき散らしていたのだ。

が、短い時間の抱っこ散歩のつもりだった私は、紙もビニール袋も持参していなかった。

そのため、ポシェットの中に鍵と一緒にいれてあったハンカチ(結構高級)を取り出してウンチを包み、それをぶら下げて家路を急いだのであった。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】寒い時期にぴったり!プライベートドッグラン付きの宿 (1.19)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (1.18)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】レジーナリゾート蓼科がリニューアルオープン! (1.18)

  • 連載

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたこと【保護犬と暮らす】 (1.17)

  • 連載

秘密基地。【まう助日記】 (1.15)

  • 連載

沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る