TOP>連載 > 絶対覚えたい!猫に与えてはいけないもの【Dr.林のにゃんこの処方箋】
  • 連載

絶対覚えたい!猫に与えてはいけないもの【Dr.林のにゃんこの処方箋】

~猫に与えてはいけないもの~

IMG_1756

まずは絶対与えてはダメなものから。

◆ユリ科植物

1c19ecc77e131a53e93e6a59e7e017eb_s

ねぎ、たまねぎ、にら、にんにくなどユリ科の食べ物には赤血球を溶かす物質が含まれています。またヒヤシンスなどユリ科の植物は嘔吐、抑鬱、下痢、脱水などを起こし、急性腎不全に進行し、死亡することがあり非常に危険です。

植物に関してはアジサイ、シクラメン、ジャスミン、スズランなどユリ科以外にも非常に有害な植物がたくさんありますので室内にはおかない、猫がいたずらできない場所におくなどの工夫が必要です。

◆カカオ

c3a4e18f939320e98c0f851de722a162_s

チョコやカカオの中に含まれるTheobromine(テオブロミン)という成分が神経症状を引き起こす可能性があります。

続いて与えると危険なもの。

◆アワビ、サザエ

da304d7ff50394c96670b389546cb4be_s

アワビ、サザエに含まれる「フェオフォーバイド」という物質が皮膚炎の原因になることがあります。皮膚の薄い耳の血管内にこの物質がたどり着くと、紫外線と反応して炎症を起こし、最悪のケースでは耳が取れてしまうこともあります。「猫があわびを食べると耳が落ちる」という通説はここからきています。

そして死ぬことはないけど与えない方が無難なもの。

◆イカ、タコ

576dd0eba9745db4c44202221ee74ac0_s

消化に悪いうえ生のイカの内臓には、チアミナーゼというビタミンB1を分解する酵素が多く含まれているため、ビタミンB1欠乏症を起こすことがあります。猫が急性のビタミンB1欠乏症を起こすと、食欲低下・嘔吐、さらに進むと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになります。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると危険です。

他にもアボカド、生の豚肉など猫に危険な食べ物は思いの外、色々あります。不注意から食べてしまった、ということにならないように日頃から気をつけるようにしましょう。もちろん、これらのものを食べてしまったことがわかったら、様子を見ずに動物病院へ行ってください。

IMG_4251-1

文/林 文明(はやしふみあき)

1988年北里大学獣医学修士課程修了。1998年コロラド州立大附属獣医学教育病院に留学し、欧米の先進動物医療を学ぶ。現在は、山梨・東京・ベトナムで5つの動物病院を経営。獣医師、日本動物医療コンシェルジュ協会代表理事。
日本動物医療コンシェルジュ協会
http://www.jamca.gr.jp/
ノア動物病院
http://www.noah-vet.co.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】オッドアイって知ってますか? (12.11)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】人とのつながりが仕事の評価へ。 (12.11)

  • 連載

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第三回 介護ネコ第一号家郎初めて迷惑をかける (12.10)

  • 連載

【ねこのはてな】猫がハマる!猫じゃらしの扱い方 (12.10)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】初心に戻って心が寄り添う。 (12.10)

  • 連載

猫だ!写真だ!コンテスト!「第7回 田代島にゃんフォトコンテスト」開催 (12.9)

  • 連載

【ねこのはてな】猫のあくびには種類があるって知ってた? (12.9)

  • 連載

【小林 希の地球ネコ旅】猫ホステスのいる“Bar猫”へ行く/上野・日本 (12.9)

もっと見る

注目のグッズ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る