TOP>連載 > 猫の「常同障害」って知ってる?【Dr.林のにゃんこの処方箋】
  • 連載

猫の「常同障害」って知ってる?【Dr.林のにゃんこの処方箋】

除外する病気

dh02

脳神経の病気の可能性
常同障害と思っている行動が発作の可能性もあります。

心因性の脱毛、皮膚の病気、傷、変性性脊椎症や関節症など
痒みや痛みに対しての正常な反応としてグルーミングをしている場合があります。

毛織物吸い行動および織物摂食行動

消化器の病気や異物誤飲
栄養の吸収が不十分となり普段の食事とは違うもの(布など)を食べる行動を示す可能性があります。

歯の疾患
歯の違和感から咬むことへの欲求が変化する可能性があります。

食欲が増加する病気(寄生虫感染や甲状腺機能亢進症など)
食欲増加のために食欲ではないものまで食べてしまうことがあります。

尾追いや尾かじり
皮膚疾患や外傷、知覚過敏、末梢神経の異常の可能性があり、痒みや痛みがあってグルーミングしている場合があります。

転位行動の可能性
一時的に生じたストレスに対処するために正常行動から派生した行動を示します。グルーミングやあくび、爪とぎなどもよく見られます。

関心を求めている
ある行動をとった時に猫に関心を向けると、猫にとってそれが報酬となり行動が強化されてしまいます。声をかける、なでるといった対応だけでなく叱るということも報酬となりえます。猫が関心を得たい相手(通常は飼い主)がいる状態でのみ常同障害が起こるのであれば、関心をもとめる行動である可能性が高いです。

分離不安
飼い主との分離により不安が生じて留守番中に徴候(落ち着きがなくなる、過剰な鳴き、破壊など)や生理学的反応(あえぎ呼吸、涎、排泄)などが現れる問題行動のことです。留守番中にのみ常同障害がみられる場合は分離不安の可能性が高いです。

恐怖症
雷や花火など特定の刺激に対して恐怖を示し、それが予期できる状況の時に不安が生じることがあります。常同障害のきっかけが特定の刺激のみの場合には恐怖症の可能性が高いです。

常同障害には薬物治療が有効とされていますが行動療法を補助として行なっていくことがあります。

行動療法とは?

dh03

きっかけが何かをみつけることとそのきっかけをなくすこと。なくすことができないようなことであればその刺激や回数を弱めてあげてそれになれさせてあげること。どんなときにおいても、大きな声をだしてしかったり叩いたりすることはストレスを増大することになるのでそのような行為はしない。常同障害がみられているときに、声をかけたり、なでたり、しかったりなどの働きかけはしないで無視すること。

たとえば自分の毛をむしるなどの無視できないような行動がおきているときには、違う音をならして行動を中断させ、その後声をかけ(トレーニングであれば号令をかけ)その号令に従ったら違う遊びを開始したりすることで望ましい行動をしている時間が長くなるように工夫すること。

愛情欲求や食欲旺盛な猫はトレーニングが行いやすいので、おすわりやハウスを教えると役立つ。生活パターンや接し方などをできるだけ同じように行い、猫との関わり合いを予測可能なものにする。トイレ問題など、他の問題行動が併発していればそれらを治療する。

環境改善(常同障害全般)
高い場所や窓辺に居場所を設置する。上下運動が可能なようにする(キャットタワーの設置など)。隠れ場所の設置。爪とぎ場所をふやす。おもちゃの数、質、遊び方の変更、遊び時間を増やす。トイレの数をふやす、トイレ掃除回数を増やす、など。

環境改善(特に毛織もの吸い行動、織物摂食行動に対して)
繊維質の多い食事へ変更し、自由給餌へ変更。缶詰のみの食事の場合はドライフードへの変更。フードを入れられるおもちゃの使用。フード皿数を増やし、分散させて設置。猫草を導入。鮭皮、牛皮の給餌、など。

薬物療法
薬物療法についてはいくつかの薬物が使用されますが薬のなかには1か月から2か月程度使用することによって効果がでるものもありますので獣医師の指示に従って使用していきましょう。

IMG_4251-1

文/林 文明(はやしふみあき)

1988年北里大学獣医学修士課程修了。1998年コロラド州立大附属獣医学教育病院に留学し、欧米の先進動物医療を学ぶ。現在は、山梨・東京・ベトナムで5つの動物病院を経営。獣医師、日本動物医療コンシェルジュ協会代表理事。
日本動物医療コンシェルジュ協会
http://www.jamca.gr.jp/
ノア動物病院
http://www.noah-vet.co.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

え! こんなビールがあるなんて【犬猫家族】 (4.22)

  • 連載

猫好きを寄せる高層ビルの下の猫/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (4.21)

  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅 in ヨセミテ国立公園 (4.20)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3) (4.19)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2) (4.18)

  • 連載

第十二回 腸弱の貴公子タックン そのヤサ男っぷり【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (4.17)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった (vol.1) (4.17)

  • 連載

発症する前に予防を!猫の病気予防策5選【Dr.古江のお悩み相談室】 (4.5)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る