TOP>連載 > 猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】

  • 連載

猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】

小林 希の地球ネコ旅

イタリアのナポリから船に乗って日帰島旅ができるプローチダ島。イタリア映画『イル・ポスティーノ』の舞台となった場所で、美しい海と、海沿いに広がるカラフルな家並みが、来島する旅人を魅了してやみません。

近くの島には、観光客が大勢来島する、青の洞窟で有名なカプリ島がありますが、プローチダ島は観光客は多過ぎず、静かでゆったりとした時間が流れています。

なにより、カラフルな街中に、猫がの〜んびりと暮らしている光景に出くわして、フォトジェニックな写真を気の済むまで撮ることができます。

プローチダ島の小高い丘へ、20分程、とことこと登っていくことに。

その間も、猫と何度と出会い、そのたびにご挨拶。人に慣れているのか、警戒心もなく、「ボンジョールノ(こんにちは)」と言ってくれているよう。

丘の上のほうには、レモンイエロー色をした、可愛らしいサン・ミケーレ主導院があり、そのさらに上にはヴァスチェッロ城が佇んでいます。

その周辺から下に広がる港のほうを眺めると、ナポリに浮かぶ宝石箱のような、色彩豊かなコッリチェッラ地区が一望できます。

なんて美しいのかな。

感動を引きずったまま、丘の上の集落をふらっと歩きはじめると、ガサガサと、何かが動く気配。

そのほうへ近付いてみると、可愛らしい猫がいました。

網の柵の向こうにいた猫は、「ちょっと待ってにゃ」と、必死でこちらへ来ようとします。


宝石箱のような多彩な街並のコッリチェッラ地区


丘の上で出会った猫、こちら側へ来ようと必死


ふう、やっと出て来れたにゃん

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

一生、ネコからは離れられない運命? (2.15)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー ビニールと修行僧【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (2.10)

  • 連載

脱走ネコのプーピーはどこに?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.25)

  • 連載

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

  • 連載

猫の楽園で、猫パワーチャージ! (1.13)

  • 連載

僕の名前はスティービー【僕、産まれるときに目を忘れちゃった】 (1.11)

  • 連載

ネコの楽園へ行く前に寄りたい猫喫茶店 (1.8)

  • 連載

脱走ネコのプーピー【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.2)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る