TOP>連載 > 第十六回 腸弱の貴公子タックン ナマリ節地獄篇【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

  • 連載

第十六回 腸弱の貴公子タックン ナマリ節地獄篇【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(19才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の回顧録である。

第十六回 腸弱の貴公子タックン ナマリ節地獄篇

腸の弱いタックンに薬を服用させる為、ナマリ節に混ぜて食べさせる作戦に至った我が家。

とりあえずはナマリ節をレンジで加熱してみた。

「チン」という音を聞いてから、レンジのドアを開けてみると、もうレンジの中はなんともいえない魚の匂いで充満している。

当然、その匂いはレンジから台所を伝い、ネコたちがダラダラとたむろしているリビングまで広がったいった!

すると人間の食べ物……特に魚の匂いには極めて敏感なタックンがスッ飛んでくる!

「シメシメ…」と、ほくそ笑む我々人間.。しかし、いざナマリ節を温めて気付いた。

「デ、デカイぞ、これ!」

そう。我が家にとってナマリ節は、ネコに上げたこともなければ、人間も未だ喰ったことがない食材だったのだ。

「これなら食うだろおおおお!!」と、買ってきた興奮の状態そのまんまで、タックンに一度に上げる分量とかそんなものをなんも計算することを忘れ、ただヤミクモに買ってきたまま一サクを丸ごと温めてしまったのだ。

どうする?

とりあえず、タックンにあげる分だけほぐして、あとは保存しておいて次回に回すというのが常識的な考えじゃないか?

と、ナマリ節を包んであったラップを剥がし、一回分の分量……まぁ消しゴム3つ分くらいの量を手でほぐそうとするも、

「熱ッつう!! 熱っついよ、これ!!」電子レンジから出したばかりのナマリ節は、チンチンに熱々だった!!

「フ〜ッ、フ〜ッ!!」

なんて息で冷ましながら恐る恐る手でほぐそうとするも、そんなことしてるうちタックンが、

「くれくれくれくれ!」とナマリ節の回りをウロウロし始める。

「その魚をオレにくれ〜!」と、熱々のナマリ節に顔をツッ込んでくる。

しまいにゃ「グルルルルルルゥゥゥゥ!」

といつにない野生の雄叫びを喉の奥で鳴らしながら、グイグイ顔をオレの手に押しつけてくる。

タックンは、好きなモノとなると熱々なんて気にしない、人間の食べ物に対してのみ、ネコ本来の本能であるネコ舌なんてものはどうでもよくなる性格なのだ。


↑通常はこんなに静かぁ〜に過ごすタックンなんだけどなぁ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.18)

  • 連載

ペットの死について本気で考えてみた。 (8.18)

  • 連載

やちむん通りはネコに当たる道!/沖縄・ 日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.17)

  • 連載

第二十回 腸弱の貴公子タックン 神の舌を持つ美食猫!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫... (8.11)

  • 連載

「♯僕らの居場所は言わにゃいで」をご存知ですか? タグに込められた野良猫への想い (8.3)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 in ノア・プリフォイ野外美術館 (7.29)

  • 連載

第十九回 腸弱の貴公子タックン  ネコ、その孤高の味覚!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (7.21)

  • 連載

週末に行ける、極東ロシアの猫カフェへ!/ウラジオストク・ロシア【小林 希の地球ネコ旅】 (7.10)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る