TOP>連載 > 僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3)

誰よりも一番楽しく。

「はじめは可哀想で涙が止まらなかったの。目は見えない上にガリガリで、可愛そうと思ったけれど、今はまったくそんなことは思わないですよ。だって他の誰よりも一番楽しそうなんだもん。」と娘の杏殊さんは話す。

そんな盲目の猫「スティービー」は石堂家に来た当初2.2kgしかなかった体重も、今では4.4kgと倍になり、あちこちにちょっかいを出しながら元気いっぱい過ごしている。

そして石堂家にはシンガプーラの「ナイル」をはじめ、マギー、金太郎、銀次郎、ゴロ蔵、うさぎ、そして隣のおばあちゃんの家との間を行き来するサンドリオンの7匹の先住猫がいる。なので、スティービーを迎え入れるときに、一番気を使ったのがトイレだが、次にこの先住猫たちとの共存だったという。

特に司令塔的存在のナイルと、どのように折り合いを付けていくかがカギとなる。ナイルはとても賢い子で自分では手出しをせず、子分の金太郎に偵察指示を出す。しかしスティービーはそんなことお構いなし。ナイルが近くを通れば待ち構えて、手のひらを大きく広げ、飛びかかって驚かせたり、友達になろうと近寄ってくる銀治郎とゴロ蔵には力加減がわからずマジ噛み。スティービーは喧嘩を売っているわけでなく、相手がどんな猫であろうと「かまってちゃん攻撃」全開なのだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

金魚屋さんを守る店員猫たち/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (5.23)

  • 連載

第十四回 腸弱の貴公子タックン 野生の捕食者へ変わる時【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (5.19)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】トレッキング体験 (5.18)

  • 連載

続・たいちゃんがやってきた!【犬猫家族】 (5.13)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 in アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (5.10)

  • 連載

第十三回 腸弱の貴公子タックン そき 謎のあだ名【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (5.9)

  • 連載

ポルトガルを感じる缶詰屋の看板猫/マカオ・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (5.9)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】お気に入りの場所 (4.25)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る