TOP>連載 > 僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

僕できるよ!

偶然が導いた奇跡的な縁で、石堂家の住民になった(※①偶然が導いた奇跡の「縁」を読んでね)盲目の猫スティービー。目が見えないと言うことはオシッコやウンチをどうするのだろう…。見えないのだから、当然トイレの場所を見て確認することもできないわけで、家族として家の中で過ごすには不安があるのでは?と疑問に思った。

もちろん石堂家でもそこは最大の課題だったという。「排泄がきちんとできるようになるまでは大変でしたね。布団は3枚ぐらい捨てましたよ」と奥様の裕子さんは当時を振り返る。

そんなスティービー、家に連れて来るとすぐに「僕できるよ!」って顔をしながら、教えてもいないのにトイレに入りオシッコとウンチをしたそうだ。すごくビックリして「もしかしたらこの子は天才?と思ったけれど、それは1回きりでその後はダメダメだったんですけどね」と一筋縄ではいかなかったようだ。

しかし、今は何カ所か設けてある猫トイレを使い問題なく排泄できている。それができるようになったのは、ひとことで言うと、ご家族のスティービーに対する波並々ならぬ「愛」。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

やちむん通りはネコに当たる道!/沖縄・ 日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.17)

  • 連載

第二十回 腸弱の貴公子タックン 神の舌を持つ美食猫!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫... (8.11)

  • 連載

「♯僕らの居場所は言わにゃいで」をご存知ですか? タグに込められた野良猫への想い (8.3)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 in ノア・プリフォイ野外美術館 (7.29)

  • 連載

第十九回 腸弱の貴公子タックン  ネコ、その孤高の味覚!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (7.21)

  • 連載

週末に行ける、極東ロシアの猫カフェへ!/ウラジオストク・ロシア【小林 希の地球ネコ旅】 (7.10)

  • 連載

ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】 (7.9)

  • 連載

「一生、愛し続ける」全盲の捨て猫ほたてちゃん【保護猫と暮らす】 (7.6)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る