TOP>連載 > 自分自身を傷つける猫の常同障害って知ってる?【にゃんこの処方箋】
  • 連載

自分自身を傷つける猫の常同障害って知ってる?【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

猫の常同障害について

今回は“常同障害”というものについてお話ししますが、今までに聞いたことがあるでしょうか?

常同障害とは、ご飯を食べる、鳴く、グルーミングといった行動が徐々に本来の目的とは関係なく、必要な程度を上回る頻度や持続時間で起きることを指します。たとえば体を痒がり、それが講じて毛をむしり続ける、という行為です。

さらにこれが悪化し自分自身を傷つけてまでこの常同行動を行うようになると常同障害とよばれてくることになります。未解明の部分の多いとされる常同障害でありますが、一体どんな常同障害があるのでしょうか?常同障害で多く見られるものが4つあります。

4つの代表的な猫の常同障害

dh01

心因性脱毛症
過度のグルーミングによっておこる脱毛のことで、体の一部のみにおこる場合と全身に起こる場合があります。よく見る場所は内股、腹部、太もも内側、足先です。舐めるだけではなく、毛をかんで引き抜くこともあります。

毛織物吸い行動および織物摂食行動
いろんな種類の織物やプラスチックのなどの素材を吸ったり咬んだり食べたりします。多くは毛織物から始まって綿、合成繊維などに広がっていき、中にはプラスチックを好む猫もいます。異物誤飲(食べ物じゃなないものを食べる)で腸閉塞になることもあるので注意が必要です。

尾追いおよび尾かじり
自分の尾を自分のものではないかのように追いかける、尾を見るとうなったりシャーと威嚇したり、追いかけることもあります。尾をかんで出血しても激しく動きながら尾追い行動を続けるので、部屋が血だらけになることもあります。

知覚過敏症候群
発情に類似する行動(活動性増加、転がり、特徴的な鳴き声)、皮膚の波打つような痙攣と筋肉のけいれん、幻覚に似た行動をすることがあります。

常同障害には、遺伝的要因や環境要因などさまざまな状態が関係する可能性があると言われています。以下がその要因となるものです。

1.性別
オスに多いという報告もあるようですが特別性差はない、とする報告もあるようです。

2.年齢
社会的成熟期である2歳~4歳くらいで多いようです発症年齢が最も多いのは1歳くらいといわれています。

3.品種
シャム、アジア系品種、またその交雑種で毛織物吸い行動や反復性の鳴きが多く認められるという報告があるようです。

4.性格
不安傾向が強い猫や過敏な猫は新しい刺激や環境変化ストレスとなって問題行動や常同障害を起こしやすいです。隠れていることが多い、リラックスした姿を見かけない、震えたり耳を横に倒すことが多いなどが一つの目安です。

5.早期離乳
本来の離乳時期よりも早くに母猫から分離された猫は栄養学的な面だけでなく、十分な育児行動を受けられないので、成長後の不安傾向が増し、反社会的行動がみられやすいです。

6.常同障害への対応
常同障害を示している際に飼い主が関心を払う(声をかける、なでる、叱る、体罰など・・・)ことは猫にとっての報酬となるのでさらに常同障害をひきおこす原因となります。

7.ストレスをひきおこすような疾患への罹患
アレルギーや慢性腸炎、手術後カラーをつける、などはストレスとなってくることがあります

8.皮膚の病気
皮膚疾患があり痒みや痛みから自身をなめたり、咬む行動がでるのは正常ではありますが、それに様々な要因が重なって常同障害を併発することも少なくありません。皮膚疾患が治癒しても、その行動が続くことがあります。

このように常同障害には毛をなめ続けたり、しっぽを追いかけたりする行動がありますが、それがみられるのは実は常同障害だけとは言えません。常同障害と診断するためにはその行動をあらわす可能性のある病気を除外しなくてはいけないのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

第十九回 腸弱の貴公子タックン  ネコ、その孤高の味覚!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (7.21)

  • 連載

週末に行ける、極東ロシアの猫カフェへ!/ウラジオストク・ロシア【小林 希の地球ネコ旅】 (7.10)

  • 連載

ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】 (7.9)

  • 連載

「一生、愛し続ける」全盲の捨て猫ほたてちゃん【保護猫と暮らす】 (7.6)

  • 連載

第十八回 腸弱の貴公子タックン 成功、そして新たな陰り【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (7.6)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 in ジョシュアツリー国立公園 (7.2)

  • 連載

第十七回 腸弱の貴公子タックン ナマリパニック危機対策室【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (6.22)

  • 連載

猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る