TOP>連載 > 【ねこのはてな】毛布をフミフミする理由
  • 連載

【ねこのはてな】毛布をフミフミする理由

膝の上でくつろいでいるときや、毛布の上にいるときなど、猫が突然、前足でフミフミし始めることってありますよね?一生懸命、フミフミしているしぐさはとてもかわいいものです。これって、どういう意味があるのか調べてみました。

フミフミは、赤ちゃんの頃の仕草の名残

猫がフミフミをするのは、子猫時代から。生まれたばかりの子猫は、前足で母猫のお乳をもみながらおっぱいを吸います。前足でお乳をもむことで、乳腺を刺激することができ、おっぱいの出をよくすることができるんだそうです。子猫は無意識に、おっぱいをいっぱい飲むことができると知っているんですね。

大人になってからも、フミフミをするのはその名残。だから、フミフミをするのは、毛布や布団、飼い主さんのお腹など柔らかいところばかり。柔らかくて心地の良いものに包まれたことで、幸せな子猫時代を思い出したり、母猫と飼い主さんを重ねあわせたりしているのだと考えられるそうです。つまり、フミフミをしているときは、猫にとってはとても幸せな気分ということがいえそうです。

一方、フミフミを全くしない猫は、親離れをきちんとできた猫だと考えられるそう。母猫は、子猫が生後3か月程度になるころには、自分でエサを食べられるように、母乳を与えなくなり、子猫がおっぱいを欲しがると猫パンチで追い払うそうです。こういった母猫の教えを組んで、自立心を身につけた猫は、フミフミをしないこともあるのだそう。

猫のフミフミ、やっている猫も、それを見ている飼い主も幸せな気分になれそうです。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

第十九回 腸弱の貴公子タックン  ネコ、その孤高の味覚!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (7.21)

  • 連載

週末に行ける、極東ロシアの猫カフェへ!/ウラジオストク・ロシア【小林 希の地球ネコ旅】 (7.10)

  • 連載

ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】 (7.9)

  • 連載

「一生、愛し続ける」全盲の捨て猫ほたてちゃん【保護猫と暮らす】 (7.6)

  • 連載

第十八回 腸弱の貴公子タックン 成功、そして新たな陰り【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (7.6)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 in ジョシュアツリー国立公園 (7.2)

  • 連載

第十七回 腸弱の貴公子タックン ナマリパニック危機対策室【カーツさとうの保護猫!日々猫!介... (6.22)

  • 連載

猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る