TOP>連載 > 社長風にもイケにゃんにも…猫の顔はなぜ変わる?

  • 連載

社長風にもイケにゃんにも…猫の顔はなぜ変わる?

ときどき、「猫は無表情だから怖い」という人がいます。本当に猫は「無表情」なのでしょうか? 我が家の犬猫を比べてみると、確かに犬の方が「笑ってる!」と思える表情をしたり、「怒られて落ち込んでいるな」という顔をしたりする気が。同じ白黒でも、その喜びの表情はだいぶ違っています。


遊んでもらって機嫌が良い愛猫・睦月(左)と、お散歩で草むらを探索中の愛犬・小雪(右)。

猫の表情筋は犬よりも少ないって本当?

実際に、犬の顔には豊かな表情筋があると言われています。人間には及ばないものの、鼻や口のまわり、おでこや頬などにも表情筋があり、その数はかなり多いそう。特に口もとに表情が出やすいのは、笑顔に見える大きな要因でしょう。そんな表情に合わせて、しっぽをふりふりしたり、耳をピーンと立てたりしてとてもわかりやすいので、こちらも「ああ、楽しいんだな!」とうれしくなってきます。

一方、我が家の愛猫・睦月はだいたいむうっとした顔をしています。「ω」に似た猫独特の口の形もそう見せているのでしょうが、実際に猫は犬に比べてだいぶ表情筋が少ないのだとか。人は口角が上がり、目尻が下がることで笑顔と認識しますから、その判断基準からすると表情筋が少ない猫が笑顔を作るのは少々難しいでしょう。

ネットで「猫の笑顔」の写真を検索しても、口もとや目を加工された違和感のあるものが多いのはそのためかもしれません。また、気持ちよさそうに目をつぶったところなどを少しローアングルから撮ると、笑顔っぽく写る傾向もあるようです。


いつも行っている美容院の猫ちゃん。こうして撮ると、ちょっと笑ってる風?

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (6.17)

  • 連載

第十六回 腸弱の貴公子タックン ナマリ節地獄篇【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (6.8)

  • 連載

春の注射も済んで、夏に向かって【犬猫家族】 (6.3)

  • 連載

第十五回 腸弱の貴公子タックン 薬と混ぜる食材探しの道【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (6.2)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 ブルワリーで休憩 (6.1)

  • 連載

金魚屋さんを守る店員猫たち/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (5.23)

  • 連載

第十四回 腸弱の貴公子タックン 野生の捕食者へ変わる時【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (5.19)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】トレッキング体験 (5.18)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る