TOP>連載 > 実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】
  • 連載

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み

2015-01-31 23.44.50

・猫の大きな目から、どんな風に世界がみえてるのでしょう?

・小さく控えめなあの鼻はどのぐらいのニオイをかぐことができているのでしょう?

・あのざらざらの舌は味をどんな風にかんじているのでしょう?

・かわいらしい耳はどれくらいの範囲の音がきけているのでしょう?

・ヒゲは必要なんでしょうか?

これらの疑問にお答えしましょう!

~視覚編~

猫のあの大きな目の視力は実は人間の10分の1ほどで、10~20m以内のものでないと正確に判別できないとされています。

ただし、視野はとても広く、真正面をむいたとき人間の視野は全体で200度程度なのですが、猫は全体で280度もあります。

また動くものには敏感で、対象が50m離れていてもその存在を感知できると言われています。

~聴覚編~

IMG_1754

猫は耳が良い!というのは猫さんを飼っている人なら実感できると思います。じつは低音を聞き取る能力は人間や犬と大差ありません。敏感なのは高音で、人間の3倍以上の可聴域があると言われています。

では、なぜ猫は人間よりも耳が良いのでしょうか?

その理由は以下のものです。

人間よりも1万本も耳の神経が多く、約4万本あります。

耳の筋肉が発達していて、耳を180度回転させることができます。これにより効率的に音を集めることができます。左右の耳を別々に動かすことができるため、音源を正確に探すことができます。

ここでちょっとマメ知識!

猫が声を出さずに「にゃー」と言っているような行動を目にしたことはありませんか?

じつはこのとき人間には聞こえない音をだしていると推測されています。いわゆる超音波というやつです。声にはなっていなくても超音波でコミュニケーションを取っていたんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫の島で、ひと猫時間を過ごす/プローチダ島・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (6.17)

  • 連載

第十六回 腸弱の貴公子タックン ナマリ節地獄篇【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (6.8)

  • 連載

春の注射も済んで、夏に向かって【犬猫家族】 (6.3)

  • 連載

第十五回 腸弱の貴公子タックン 薬と混ぜる食材探しの道【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (6.2)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】 ブルワリーで休憩 (6.1)

  • 連載

金魚屋さんを守る店員猫たち/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (5.23)

  • 連載

第十四回 腸弱の貴公子タックン 野生の捕食者へ変わる時【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護... (5.19)

  • 連載

【猫と行くキャンピングカーの旅】トレッキング体験 (5.18)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る