TOP>連載 > 【ねこのはてな】知りたい!猫の目に映る世界!
  • 連載

【ねこのはてな】知りたい!猫の目に映る世界!

猫は、目が悪いという話を聞いたことはありませんか?狩猟動物として優れた才能を発揮している猫なのに、獲物を見つけるときに目が悪くて大丈夫なのでしょうか? そして、私の顔は判別できているの? とても心配になってきたので、全力で調べてみました。

視力が悪くても動体視力は抜群なんです!

猫の視力は、人間の視力の1/10程度と言われています。人間の視力に例えると、0.1~0.3程度。もう、メガネを買ってあげたいレベルです。見える範囲は15cmから20m程度と言われており、2~7.5mが最もよく見える範囲なのだそうです。ただ、解像度が低いため、少しぼやけて見えているのではないかと言われているそうです。

その視力でも、猫が狩猟動物として手腕を発揮している理由は、視力ではなく動体視力が高いためなのだそうです。視力が悪いのは動かないものに対してで、動くものに対しては敏感に察知することができ、動いているものなら、小さな虫でも30メートル先くらいまでなら、察知することができると言われているのだそうです。これは、人間の動体視力のおよそ4倍。

また、視界は広く、距離感や高さを測るのも得意なのだそうです。そのほかにも優れているのが暗いところでもよく見える暗視能力。猫は人間が必要とする照度の1/6の明るさでも、モノを認知することができるのだそうです。

猫って色は判別しているの?

では、猫たちは色を認識することは可能なのでしょうか? 人間を始めとする霊長類は光の三原色である、赤と緑と青を認識する錐状体があり、様々な組み合わせで複雑な色を見分けているのだそうです。けれど、猫にはその機能が備わっていないので、細かい色を認識することは難しいようです。人間の視神経が約120万本なのに対し、猫は12~20万本と言われているそうです。

猫が認識できる色は緑と青で赤を認識するのが不得意だという研究結果があるそうですが、まだ、結論には至っていないようです。まさに猫のみぞ知る……ということですね。

猫が見ている世界を知ることはまだまだ先のことになりそうですね。

※この記事は各方面の情報集約はもちろんですが、私、猫オーナーとしての親バカ、猫バカな個人的視点も含まれております。ご了承ください。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】お尻フリフリダンスの秘密 (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】黒猫は縁起が悪いって本当? (12.14)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】焼肉パーティーが新しい縁を。 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

  • 連載

【ねこのはてな】猫をお留守番させるときのポイント (12.13)

  • 連載

【猫に出逢えるハッピースポット】神秘の森の伊佐須美神社。 (12.13)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】華やかな服装で金運アップ。 (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る