TOP>連載 > 【ねこのはてな】知りたい!猫の目に映る世界!
  • 連載

【ねこのはてな】知りたい!猫の目に映る世界!

猫は、目が悪いという話を聞いたことはありませんか?狩猟動物として優れた才能を発揮している猫なのに、獲物を見つけるときに目が悪くて大丈夫なのでしょうか? そして、私の顔は判別できているの? とても心配になってきたので、全力で調べてみました。

視力が悪くても動体視力は抜群なんです!

猫の視力は、人間の視力の1/10程度と言われています。人間の視力に例えると、0.1~0.3程度。もう、メガネを買ってあげたいレベルです。見える範囲は15cmから20m程度と言われており、2~7.5mが最もよく見える範囲なのだそうです。ただ、解像度が低いため、少しぼやけて見えているのではないかと言われているそうです。

その視力でも、猫が狩猟動物として手腕を発揮している理由は、視力ではなく動体視力が高いためなのだそうです。視力が悪いのは動かないものに対してで、動くものに対しては敏感に察知することができ、動いているものなら、小さな虫でも30メートル先くらいまでなら、察知することができると言われているのだそうです。これは、人間の動体視力のおよそ4倍。

また、視界は広く、距離感や高さを測るのも得意なのだそうです。そのほかにも優れているのが暗いところでもよく見える暗視能力。猫は人間が必要とする照度の1/6の明るさでも、モノを認知することができるのだそうです。

猫って色は判別しているの?

では、猫たちは色を認識することは可能なのでしょうか? 人間を始めとする霊長類は光の三原色である、赤と緑と青を認識する錐状体があり、様々な組み合わせで複雑な色を見分けているのだそうです。けれど、猫にはその機能が備わっていないので、細かい色を認識することは難しいようです。人間の視神経が約120万本なのに対し、猫は12~20万本と言われているそうです。

猫が認識できる色は緑と青で赤を認識するのが不得意だという研究結果があるそうですが、まだ、結論には至っていないようです。まさに猫のみぞ知る……ということですね。

猫が見ている世界を知ることはまだまだ先のことになりそうですね。

※この記事は各方面の情報集約はもちろんですが、私、猫オーナーとしての親バカ、猫バカな個人的視点も含まれております。ご了承ください。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

引っ越し騒動。当時の不動産ペット状況とは?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.17)

  • 連載

「ペットロス」という軽い言葉が大嫌いだ。 (9.15)

  • 連載

第二十二回 引っ越し騒動 運命の出会い【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.3)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

第二十一回 腸弱の貴公子タックン そして逃亡者【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (8.20)

  • 連載

神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.18)

  • 連載

ペットの死について本気で考えてみた。 (8.18)

  • 連載

やちむん通りはネコに当たる道!/沖縄・ 日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る