TOP>連載 > 【小林 希の地球ネコ旅】城の下の素敵な家で暮らす猫/クレルボー・ルクセンブルク

  • 連載

【小林 希の地球ネコ旅】城の下の素敵な家で暮らす猫/クレルボー・ルクセンブルク

小林 希の地球ネコ旅

西ヨーロッパのベネルクス三国のひとつに、ルクセンブルクという小国があります。自然豊かで、森と渓谷に囲まれた街は中世の面影をそのまま残し、ゆったりとした時の流れを感じます。

首都ルクセンブルクは、ヨーロッパのなかでロンドンに次ぐユーロ市場で、旧市街には一流の銀行が集まっています。

とはいえ、街中はいたってのどか。金融街の殺伐さや喧噪などは、まったくありません。

ただ、首都では私のお目当て、かわいらしい猫たちに出会えず。

そういうときは、高確率で当たる、「猫は田舎にいる」という法則(?)を信じて、郊外のクレルボーへと向かいました。

クレルボーは、首都の中央駅から電車に乗って約50分で到着。美しい洋館のような白壁のクレルボー城が、街の高台に佇んでいます。ぐるっと歩いても、わずか30分程度の小さな規模感の城下町です。

お城をぐるっと囲むようにある「Rue Schloff」という通りを歩いていたときに、ついに猫が道を横切るのを発見!

あっという間にいなくなってしまいました。その道をしつこくうろうろしていると、地元の方が民家から出てきて、ご挨拶。

そして、なんと。

「あら、猫? うちにいるわよ。見る?」

そういって、家のマダムが部屋に案内してくれました。そこには、かわいらしい猫の姿が!


高台に凛然と佇む白いクレルボー城


城下の民家で暮らす猫ちゃん


外からの自然光が気持ち良さそう

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫好きを寄せる高層ビルの下の猫/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (4.21)

  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅 in ヨセミテ国立公園 (4.20)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3) (4.19)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2) (4.18)

  • 連載

第十二回 腸弱の貴公子タックン そのヤサ男っぷり【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (4.17)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった (vol.1) (4.17)

  • 連載

発症する前に予防を!猫の病気予防策5選【Dr.古江のお悩み相談室】 (4.5)

  • 連載

色彩に溶けこむ猫の島/ブラーノ・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (4.5)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る