TOP>連載 > 【ねこのはてな】チョイ食べするのはなんで?
  • 連載

【ねこのはてな】チョイ食べするのはなんで?

ご飯の時間になると、一目散に走り寄ってくる割には、ちょっと食べてはふらふらと遊びに行って、気が向くとまた戻ってきて「ニャーニャー」餌の催促をする猫ちゃんっていますよね? 今度こそはと、ご飯をあげても、また一口か二口食べて、どこかに行ってしまい、気が付いたらずっとちょこちょこご飯を催促してくるので、常に猫に振り回されることに。そんな猫ちゃんの気持ち、調べてみました。

s__52265123

猫の食事回数は本来、9~16回程度!

猫の祖先であるリビアヤマネコは、砂漠地帯で狩りをした獲物を食べて生活をしていました。毎回、狩りが成功するわけではないので、獲物を捕まえられた時に食べるという食生活を送っていたので、決まった時間に食事を済ますのではなく少量を何回かに分けて食べるという食生活が遺伝として残っているのではないかという説があります。

また、猫がご飯の前から離れたときにいちいち片づけたり蓋をするなどしている場合は、時間を置いて飼い主にご飯の催促をすることでコミュニケーションを取っている場合もあります。そう考えると、ちょっと許せてしまいそうです。とはいえ、毎日のことなので大変ではありますが。

時間を決めて、規則正しくご飯を与えることも大切ですが、その場合、自由に食べさせるときに比べて猫が攻撃的になったり、協調性を失う場合もあるそうなので、多頭飼いの場合は注意が必要かもしれません。

飼い猫は人の生活に合わせて、食事の時間が決まることも多いですが、猫の習性を知ることで、お互い気持ちよく生活できる工夫ができたらいいですね。

※この記事は各方面の情報集約はもちろんですが、私、猫オーナーとしての親バカな個人的視点も含まれております。ご了承ください。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】寝ている飼い主さんの顔を舐める理由 (10.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】遠慮せずにもう一歩。 (10.23)

  • 連載

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【ねこのはてな】猫は9つの命を持つ!?猫の雑学 (10.22)

  • 連載

パワースポットの力を感じるのにゃ【しあわせのねこまじない】 (10.22)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】バランスが取れた金銭感覚。 (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る