TOP>連載 > 【ねこのはてな】ハマる人急増中!シニア猫の魅力とは?
  • 連載

【ねこのはてな】ハマる人急増中!シニア猫の魅力とは?

シニア猫の魅力にハマる人、急増中!高齢者や猫初心者に大人なシニア猫をおすすめする理由

読者の中には、猫を飼ってみたいけどいろいろ心配と、なかなか猫を飼うことに踏み切れないでいる方もいらっしゃると思います。また、室内飼いの猫の平均寿命は14~15年程度と、昔よりも長くなっていることもあり、高齢者家族の場合は、今から猫を飼っても最後まで世話ができるかどうか心配という声も。様々な人に、おすすめしたいシニア猫。子猫とは違うシニア猫の魅力を見つけてきました。

シニア猫だからこその魅力で注目が集まってます!

一昔前だと、室内飼いの猫の平均寿命は12~13年といわれており、5~6歳になるとシニア(中年)猫に分類されていましたが、現在はキャットフードの発達や猫の病気に対する治療法も進化を遂げたことで、平均寿命は14~15歳と伸びてシニアに分類される年齢も、7~8歳になっています。中には20年以上生きる猫もいて、嬉しい限りです。

今回、注目するのはその「シニア猫」。猫は7~8歳でも、まだまだ元気です。人間の年齢に換算すると40歳ぐらいですが、若い頃と変わらずかけっこをしたりいたずらをしたりするコも少なくありません。とはいえ、猫の生活環境や個体差もありますがよく観察してみると毛ヅヤが悪くなったり、しっぽの角度が以前よりも下がっていたり、寝る時間が増えたりと、変化を感じることができると思います。

猫は年齢を重ねるにつれて、運動量が減り、やんちゃ放題だったコも、落ち着きが出てきます。人間の言葉や意思が伝わる、そんな思慮深さを見せるのもシニア猫の魅力の一つなのだそうです。

つまり、シニア期からの猫は、子猫やヤングなやんちゃ猫とは違う、人と猫の心を通い合わせ一緒に生活することが楽しめるという素敵な魅力があるのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】プロフェッショナルな仕事が余裕を生む。 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

【ねこのはてな】差し出した指に鼻をつけてくるのはなぜ? (12.15)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】努力の積み重ねと人間関係。 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】お尻フリフリダンスの秘密 (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】黒猫は縁起が悪いって本当? (12.14)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】焼肉パーティーが新しい縁を。 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る