TOP>連載 > 【ねこのはてな】猫にドッグフードがダメな理由
  • 連載

【ねこのはてな】猫にドッグフードがダメな理由

ワンちゃんとネコちゃん、両方を飼っているご家庭でよく勃発するのが、ワンちゃんのドッグフードをネコちゃんが、盗み食いするという窃盗事件。ワンニャンを家族に迎えているおうちにお邪魔すると、キャットフードが残っているのにもかかわらず、ドッグフードを食い散らかしているネコさんのお姿をお見かけすることがあります。これって、あまり逆はなくて、ワンニャンを飼っているご家庭では、だいたい猫ちゃんが強いイメージが…(あくまでも筆者の見解ですが)。

また、巷のうわさによると、キャットフードを買いに行ったら、たまたまドッグフードがディスカウントされていたのでドッグフードをあげてもいいんじゃないか?なんて考えが頭をよぎる、という意見も聞こえてきたりして(そういう議論にはなりましたが、筆者の周りでは猫にドッグフードを与えている飼い主はいない、ということをお伝えしておきます)。そもそも、キャットフードとドッグフード、名前が分かれているには理由があるはず!……と思い、調べてまいりました!

結論、キャットフードとドッグフードは成分が違う

犬と猫って、ペットとして飼われている愛玩動物としては、何かと同列に並べられがちですが、そもそも、犬の先祖はオオカミだったり、性格も全く違ったりと(皆さんも知っての通り)犬と猫はまったく違う動物なんです。

全く違う動物であるということは、体の健康を保つために必要な栄養素も全く異なります。必要な栄養素の中で、キャットフードとドッグフードの決定的な違いであり、猫にとってはとっても大切な栄養素なのが「タウリン」。「タウリン」といえば、人間界でも疲労回復や脂肪肝などに効果的としてエナジードリンクや栄養ドリンクなどに入っている栄養素なので、名前を聞いたことがある人も多いはず。

この「タウリン」は猫にとってマストな必須アミノ酸で、タウリンを体内で合成できる人間や犬とは違い食事で補わなければならないそうなんです。つまり、ドッグフードには「タウリン」は含まれていないということですね。

猫がタウリン不足に陥ると、目の障害が起きたり心臓の疾患などを引き起こす可能性もあるそうで、猫用の「タウリンサプリメント」などが販売されているほどです。

だからこそ、どのペットフードブランドを見ても、犬用、猫用が一目でわかるように表示されているそうなんです。

そして、人間や犬よりも、猫にとってはタンパク質が欠かせない栄養素なんだそう。タンパク質は猫の体の臓器や筋肉、皮膚や被毛を作る元になったり、ホルモンや酵素、抗体を作るのにも使われているのだそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ストレス発散で優しい気持ちに。 (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】余裕が結果を引き寄せる。 (10.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】日頃からコツコツと。 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る