TOP>連載 > 約90%が悪性!オス猫も発症する怖い乳腺腫瘍【にゃんこの処方箋】
  • 連載

約90%が悪性!オス猫も発症する怖い乳腺腫瘍【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

約90%が悪性!オス猫も発症する乳腺腫瘍が怖い

動物の場合、乳腺腫瘍と言いますが、これは人間の乳癌と同じものです。人間の乳癌はとても怖い病気として知られていますが、メス猫の乳癌はすべての腫瘍の中で3番目に多く、しかもこれは女の子に限ったことではなく、まれに男の子にも発生することがあり、やはりとても怖い病気です。

猫の乳腺腫瘍はその約90%が悪性の腫瘍です。しかも非常に悪い動態をするので、早期に発見・治療できなければかなりの確率でリンパ節へ浸潤し、遠隔転移(身体中に転移します)を起こすため、病院に来た時には、病気が進行してしまっている例も少なくありません。

どのような病気もそうですが、重要なのは早期発見です。特に乳腺腫瘍を発見するには、まずはしこりがないかどうか、おうちでおっぱいを触ってみてみましょう。通常猫には10個のおっぱいがあります。(時々8個の猫もいます)触ってもよくわからないなあ、不安だなあ、という場合はぜひ動物病院で診察を受けましょう。

では、しこりが見つかった場合の治療法はどうなるのでしょうか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】寝ている飼い主さんの顔を舐める理由 (10.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】遠慮せずにもう一歩。 (10.23)

  • 連載

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【ねこのはてな】猫は9つの命を持つ!?猫の雑学 (10.22)

  • 連載

パワースポットの力を感じるのにゃ【しあわせのねこまじない】 (10.22)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】バランスが取れた金銭感覚。 (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る