TOP>連載 > 猫の血圧、定期的にチェックしてますか?【にゃんこの処方箋】
  • 連載

猫の血圧、定期的にチェックしてますか?【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

猫の高血圧について

PA213459

ついつい塩辛いものをいっぱい食べてしまったときなど、「あ~高血圧だからこんなに食べちゃだめなのに~」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。実は猫さんにも高血圧という病気はあるのです。

ちなみに、血圧とは、血液が血管の中を通るときの血管にかかる圧力のこと、です。

心臓は、ポンプのように血液をドクンドクンと血管へと押し出していますが、心臓が収縮して血液を押し出した瞬間の血管にいちばん強く圧力がかかった状態が収縮期血圧(最高血圧)です。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときの圧力がいちばん低くなった状態を拡張期血圧(最低血圧)といいます。

人間では高血圧の原因として遺伝や塩分の取りすぎ、ということがありますが、猫の原因はなんでしょう?猫の高血圧は、他の疾患が原因で二次的におこるのがほとんどです。では、他の疾患とはどのようなものでしょうか?

それは、
1.慢性腎不全
2.甲状腺機能亢進症
が代表的なものです。

これらは中高齢以降の猫に起こりやすい疾患として有名です。慢性腎不全の猫では、高血圧を軽減させてあげることが長生きにつながる、という報告もあるのです。そんなわけで、じつは血圧のコントロールは重要なポイントのひとつなのです。

持続的な高血圧は、腎臓、心臓、脳、目などに傷害を与えることがあります。
腎臓:蛋白尿の出現とそれに伴う腎不全の悪化
心臓:心臓に負荷がかかることで起こる心肥大と心不全の発現、悪化。
脳:発作や脳卒中などに伴う神経症状
目:ものを映し出すスクリーンの役目をしている網膜の変性や剥離などによる失明
などがみられることがあります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ネコの買い出し【津田蘭子の妄想スケッチ】 (11.23)

[PR]
  • 連載

【ねこのはてな】化け猫誕生の秘密に迫る!?猫の雑学 (11.23)

  • 連載

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】 (11.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】お礼を忘れず金運アップ。 (11.23)

  • 連載

【ねこのはてな】抱っこが嫌いな猫の理由 (11.22)

  • 連載

おかえりにゃさい〜!猫によって違う飼い主のお出迎え(笑) (11.22)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】意識していなかった人と急接近。 (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る