TOP>連載 > 【ねこのはてな】ベストな材質、大きさは?フードボウルの賢い選び方
  • 連載

【ねこのはてな】ベストな材質、大きさは?フードボウルの賢い選び方

毎日使っている愛猫のフードボウルですが、皆さんはどのように選んでいますか? 何気なくデザイン重視で選んでいる人も多いのでは? けれど、実は猫がフードを食べやすいものがあるのだそうです。フードボウルと猫の相性が悪いと、食欲不振につながってしまうことも。そこで、今回は愛猫に適したフードボウルについて調べてきました。

材質の主流はプラスティックとステンレスと陶器の3種類

猫グッズとして販売されているフードボウルは、プラスティックとステンレス、陶器の3種類が主流です。それぞれにメリットとデメリットがあるようです。プラスティック製のものは、お値段的にリーズナブルなものが多いのですが、細かい傷がつきやすく、その傷の部分にご飯の食べ残しなどが入ってしまい、雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。

ステンレス製のものは、傷がつきにくく、扱いやすいのが魅力。ただ、金属なので光を反射するため、猫によっては、その反射を怖がってご飯を食べなくなる場合もあるそう。陶器製のものもステンレス同様、傷がつきにくい材質です。ですが、割れやすいため、高い場所でご飯をあげているなどの場合、落ちて割れてしまうという危険もあるので注意が必要です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫好きを寄せる高層ビルの下の猫/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】 (4.21)

  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅 in ヨセミテ国立公園 (4.20)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3) (4.19)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2) (4.18)

  • 連載

第十二回 腸弱の貴公子タックン そのヤサ男っぷり【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (4.17)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった (vol.1) (4.17)

  • 連載

発症する前に予防を!猫の病気予防策5選【Dr.古江のお悩み相談室】 (4.5)

  • 連載

色彩に溶けこむ猫の島/ブラーノ・イタリア【小林 希の地球ネコ旅】 (4.5)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る