TOP>連載 > 【ねこのはてな】猫舌を深ボリ!
  • 連載

【ねこのはてな】猫舌を深ボリ!

猫にとっての適温は……35億! じゃなくて35度♡

「私、猫舌だから―♪」ってアツアツのラーメンをフーフーしながら可愛く食べる女の子を見かけるたびに、敵意を感じる筆者ですが、皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?あまりにも可愛くて羨ましすぎるので、猫は本当に猫舌なのか、敵意をバネに全力で調べてみました。そして、猫の食事の適温についてもご報告いたします!

そもそも動物は熱いものなんて食べない!

自然界でぐつぐつ煮えたぎっている食べ物を食べるのは火を使える人間だけなので、動物はみんな熱いものを食べません。だったら、犬舌でも、ライオン舌でもよかったじゃないかと思うわけですが、熱いものを苦手とする代名詞の代表選手になったのには、いくつかの理由があるそうです。

まずは、昔から猫は人間と暮らしていたため。そんなこと言ったら、犬だって昔から飼われていたじゃないか、と思いますが、一昔前までは犬は外の犬小屋で、猫は家の中で飼われていましたよね。人間と一緒に家の中で生活している猫だからこそ、猫が熱いものを食べないということを人間が知る機会が多かったことが理由の一つのようです。

また、熱い食べ物と格闘する猫の反応が他の動物よりも記憶に残るからというのも理由にあげられるようです。良かれと思って猫ミルクをアツアツにして猫に差し出すと、空腹のせいか、すぐさま顔をツッコみ、ざらついた舌でミルクをすくってしまったために、熱いミルクが舌に絡みつき空腹と熱さのはざまで悶絶している姿を見たことのある人もいるのではないでしょうか。※絶対にわざとしてはいけません。

中には、猫舌ではない猫もいるようです。100度に近いミルクを平気でぺろぺろする猫もいるそうですが、これは、人間と同じで舌が鈍感になっていることが理由なんだそう。数多くの兄弟で、競うようにご飯を食べたり子猫の頃から熱いものを食べていると耐性が着くことがあるのだそうです。※絶対にわざとしてはいけません。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【保護猫と暮らす】保護猫が出産し大家族に。母猫と子猫のしあわせ物語 (11.18)

  • 連載

【ねこのはてな】肉球の役割ってにゃに? (11.18)

  • 連載

【小林 希の地球ネコ旅】猫の爪より深〜いお父さんの愛/讃岐広島・日本 (11.18)

  • 連載

結婚を早めるおまじないを教えるにゃ(女性編)【しあわせのねこまじない】 (11.17)

  • 連載

【ねこのはてな】真夜中の運動会が始まりました…(泣) (11.17)

  • 連載

愛猫は1000年に一度の「ねこ」!保育士・てぃ先生【ねこじん】 (11.17)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ゆっくり育てて豊かな収穫。 (11.17)

  • 連載

【ねこのはてな】雨の日におとなしくなる理由 (11.16)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る