TOP>連載 > 【地球ネコ旅】運河に浮かぶ船は猫専門シェルター!/アムステルダム・オランダ

  • 連載

【地球ネコ旅】運河に浮かぶ船は猫専門シェルター!/アムステルダム・オランダ

小林 希の地球ネコ旅

オランダのアムステルダムの空港に飛行機が着陸する前、窓から外の景色を眺めると、大きな道路が一本、その横にも細い道路が何本も走り、車が行交っているようにみえました。だけど、すぐにそれが「水の道」、つまり運河であり、車だと思って眺めていたものは船だと気付きました。

さすが、美しい水の街。運河が街の中にいくつも流れ、どこを歩いても水に出会えるのです。その運河の両岸添いには、船が縦列に停泊していて、実際にそこに暮らす人たちがいます。船は家として使われ、中にはキッチンやバスルーム、寝室とあるそうです。

その船の一つに、民家ではなくて、「猫のシェルター」として使っている船があるというので行ってみることにしました。その名も「ザ・キャット・ボード」。

1966年、街中で保護された野良猫や飼えなくなった猫を預かって、次の里親を探すための場所をつくろうと、ヘンリエッタさんという女性が始めたシェルターなのです。

現在は猫好き観光客のための観光スポットにもなっているようで、誰でも見学可能です。ただし、訪問可能時間は13時〜15時の僅か2時間だけ。猫たちに負担がかからないようにしているのでしょう。


運河に浮かぶ猫シェルターの船「ザ・キャット・ボード」


入り口はこんな感じで、手前が受付です


中は広くて猫たちが自由きままに過ごしています

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

引っ越し騒動 海苔子捕物帳!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (11.10)

  • 連載

天下分け目の引っ越し前夜【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (10.27)

  • 連載

美味しい屋台と猫に会う幸せな朝/台北・台湾【小林 希の地球ネコ旅】 (10.25)

  • 連載

そして今日も捨てられていた猫がいる。 (10.22)

  • 連載

猫とヴォーカリスト。〜目を忘れて産まれてきたスティービーに捧ぐ〜 (10.20)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

天下分け目の引っ越し前夜【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (10.15)

  • 連載

飼い猫のため、ついに転居を決断【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (10.5)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る