TOP>連載 > 【ねこのはてな】猫のいびきは病気のサインかも?
  • 連載

【ねこのはてな】猫のいびきは病気のサインかも?

猫がすやすやと寝ている姿に癒される人は多いことでしょう。ただ、最近うちの猫、やたらと大きないびきをかいている……という場合は要注意。寝息とは思えないような大きないびきや、歳を重ねていびきをかくようになったという場合は病気のサインかも。いびきで発見できる病気をまとめてみました。

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_s

猫のいびきは鼻腔内が狭くなることで発生することが多いです。肥満やアレルギーなどで気道が狭くなっている場合や鼻腔内に異物や腫瘍などがあると、いびきをかきやすい状態になるそう。

元々、他の猫よりも鼻腔内が狭い鼻ぺちゃさんの、スコティッシュフォールド、ペルシャやヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどの短頭種は猫の鼻腔狭窄(びくうきょうさく)になりやすいといわれているので、注意が必要です。鼻腔狭窄になったときの症状はいびきのほかに、鼻の穴が狭まっている、鼻水を飛ばす、口呼吸をするなどがあるので、普段の行動に変化がないか見守り、変化を感じたら、病院などに相談することが大切です。

そのほか、いびきで疑われる病気は様々。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ニャン生いろいろ田代島】玉無し部長とミミ。 (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【猫に出逢えるハッピースポット】 難攻不落の名城、唐澤山神社。(城マニアの聖地) (12.16)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】プロフェッショナルな仕事が余裕を生む。 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

【ねこのはてな】差し出した指に鼻をつけてくるのはなぜ? (12.15)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】努力の積み重ねと人間関係。 (12.15)

もっと見る

注目のグッズ

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る