TOP>連載 > 【ねこのはてな】お腹のたるみの秘密
  • 連載

【ねこのはてな】お腹のたるみの秘密

太っているわけじゃないけど、お腹の部分がたるんでいる猫、とっても気になります。触ってみても嫌がる訳じゃないし、むしろタポタポしてて気持よいくらいなのですが、もしかして病気だったら……と思うとちょっと心配。というわけで、お腹のたるみについてまとめてみました。

01

このおなかのたるみは太っているわけでもなく、病気でもなく「ルーズスキン」とか「プライモーディアルポーチ」などという呼び名があるそうです。アメリカンショートヘアヤエジプシャンマウ、ベンガル、ピクシーボブなどの血をひく猫種に多くみられるといわれています。また、ライオンやトラなどのネコ科の動物にもあるそうです。

このたるみができる理由は、ケンカでお腹をかまれた際に、血管や内臓に致命傷を負わないようにとか、ジャンプをするときに体の皮が突っ張らないように、まとめ食いする時にお腹にいっぱいためられるようになど諸説あるようです。

このおなかのたるみ、猫にとっては大切なもので、キャットショーでは審査する際に評価の対象になることもあるそうです。

病気とは関係ないというものの、肥満になった猫は余計このたるみが目立つことも。また、ダイエットした猫はこのたるみが大きくなることもあります。お腹のたるみを触ってみて皮だけの状態ならただのたるみ、肉が詰まっているようなら肥満の可能性も疑った方がいいでしょう。皆さんの猫のお腹のたるみ、ぜひチェックしてみてくださいね!

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

引っ越し騒動。当時の不動産ペット状況とは?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.17)

  • 連載

「ペットロス」という軽い言葉が大嫌いだ。 (9.15)

  • 連載

第二十二回 引っ越し騒動 運命の出会い【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.3)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

第二十一回 腸弱の貴公子タックン そして逃亡者【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (8.20)

  • 連載

神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.18)

  • 連載

ペットの死について本気で考えてみた。 (8.18)

  • 連載

やちむん通りはネコに当たる道!/沖縄・ 日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る