TOP>連載 > 【ねこのはてな】肥満対策に欠かせない!猫の体重のはかり方
  • 連載

【ねこのはてな】肥満対策に欠かせない!猫の体重のはかり方

猫はちょっとぽっちゃりしているくらいが好みという人もいますが、人間と同じように猫の肥満も、病気になるリスクを高めてしまうこともあります。完全室内飼いの猫の40%が肥満だという研究結果もあるそうです。肥満対策のためには猫の体重を知っておくことも大切。自宅でできる猫の体重のはかり方をご紹介します。

f0ec66810b0316619437697647abd2f8_s

猫といっても、性別や猫種、骨格などによってベストな体重は異なります。一般的な猫の平均体重は3キロ~5キロ程度といわれていますが、大きくなるメインクーンやノルウェージャンフォレストキャットなどは7キロあっても肥満ではない場合もあるといわれています。

理想の体重の120%以上が「肥満」になりますが、なかなか一般家庭ではベストな体重はわかりづらいもの。BCS(猫のボディコンディションスコア)などを使って、検討をつけることはできますが、素人が判断をするのはなかなか難しく、危険な場合も。筋肉がなくて脂肪ばかりの場合や太って見えても骨太で筋肉質な場合などもあるので、安易に肥満かそうでないかを決めるのはおすすめできません。かかりつけの獣医さんに相談して、アドバイスしてもらうのがおすすめです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ストレス発散で優しい気持ちに。 (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る