TOP>連載 > 猫の効果的なダイエット方法とは?【にゃんこの処方箋】
  • 連載

猫の効果的なダイエット方法とは?【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

猫のダイエットについて

P8270179

今回は猫のダイエットについてお話ししましょう。

肥満がうみだす病気のリスク

人間でも肥満は生活習慣病などのリスクになるといわれています。では、猫の場合、肥満はどのような病気のリスクになるのでしょうか?

☆糖尿病のリスク☆
肥満は、血糖値を下げる働きをするインスリンの抵抗性を増加させるため、血糖値が上がりやすくなってしまいます。

☆下部尿路疾患のリスク☆
尿石症、猫特発性膀胱炎、尿路感染などの病気のリスクが増大します。

その他、脂肪肝(肝リピドーシス)や関節炎などにもなりやすくなってしまいます。ほとんど人間と同じですね。避けられる病気のリスクはやはり避けておきたいものです。

効果的なダイエット法

P8291121

猫は元々太りやすい動物なので、健康で長生きしてもらうためには、それぞれの猫にみあった適正カロリーの食事と、適度な運動で猫が太りすぎないように管理しなければなりません。と言っても、犬のように散歩をするわけではないので色々な工夫が必要です。

肥満の一番の原因は、必要カロリー以上に食べてしまうことや運動不足です。しかし、他にも遺伝的に太りやすい体質だったり、避妊・去勢手術後に代謝が落ちたり、ホルモンバランスが変わるため太りやすくなるなど、理由は様々です。そこで効果的なダイエット法は1に運動、2に食事というわけですが、わかってはいるんだけど、なかなかむずかしいですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

【ねこのはてな】差し出した指に鼻をつけてくるのはなぜ? (12.15)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】努力の積み重ねと人間関係。 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】お尻フリフリダンスの秘密 (12.14)

  • 連載

【ねこのはてな】黒猫は縁起が悪いって本当? (12.14)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】焼肉パーティーが新しい縁を。 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る