TOP>連載 > 実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】
  • 連載

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】

Dr.林のにゃんこの処方箋

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み

2015-01-31 23.44.50

猫の大きな目から、どんな風に世界がみえてるのでしょう?

小さく控えめなあの鼻はどのぐらいのニオイをかぐことができているのでしょう?

あのざらざらの舌は味をどんな風にかんじているのでしょう?

かわいらしい耳はどれくらいの範囲の音がきけているのでしょう?

ヒゲは必要なんでしょうか?

これらの疑問にお答えしましょう!

~視覚編~

猫のあの大きな目の視力は実は人間の10分の1ほどで、10~20m以内のものでないと正確に判別できないとされています。

ただし、視野はとても広く、真正面をむいたとき人間の視野は全体で200度程度なのですが、猫は全体で280度もあります。

また動くものには敏感で、対象が50m離れていてもその存在を感知できると言われています。

~聴覚編~

IMG_1754

猫は耳が良い!というのは猫さんを飼っている人なら実感できると思います。じつは低音を聞き取る能力は人間や犬と大差ありません。敏感なのは高音で、人間の3倍以上の可聴域があると言われています。

では、なぜ猫は人間よりも耳が良いのでしょうか?

その理由は以下のものです。

人間よりも1万本も耳の神経が多く、約4万本あります。

耳の筋肉が発達していて、耳を180度回転させることができます。これにより効率的に音を集めることができます。左右の耳を別々に動かすことができるため、音源を正確に探すことができます。

ここでちょっとマメ知識!

猫が声を出さずに「にゃー」と言っているような行動を目にしたことはありませんか?

じつはこのとき人間には聞こえない音をだしていると推測されています。いわゆる超音波というやつです。声にはなっていなくても超音波でコミュニケーションを取っていたんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ストレス発散で優しい気持ちに。 (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る