TOP>連載 > 【地球ネコ旅】洋ネコ風が多くいる人口13人の猫島/津島・日本

  • 連載

【地球ネコ旅】洋ネコ風が多くいる人口13人の猫島/津島・日本

小林 希の地球ネコ旅

昨年、広島県の尾道からしまなみ街道を渡って、愛媛県の今治まで、島々をめぐりながら旅しました。レモンやみかんなど、種類豊富な柑橘類が実ったり、有名な美術館や塩工場などがあったり、のどかな島でありながら見所の多い島々で、サイクリストをはじめとする観光客の多い地域です。

ある時、しまなみ街道の大三島で、ある宿に泊まりました。その翌日には、大三島から津島という離島へ行こうと計画していたので、宿のご夫妻に船の行き方を伺うと、「よくわからない」と言います。津島は、しまなみ海道の通らない島で、行くには船で行くしかないのですが……。

現地の情報は得られぬまま、ネットでいろいろ調べた情報を信じて、バスで吉海市役所前駅まで行き、そこから歩いて港へ向かいました。

その途中で立ち寄ったコンビニでも、「津島行きのフェリー乗り場はあちらですか?」と聞くと、店員さんは「わからない」と困惑してしまいました。

うーむ、地図でみればすぐ隣の島なのに……。皆が知らない津島。いったい、どんな島なのでしょう。

なんとか港に辿り着き、船に乗り込むと、結局私一人を乗せて出航。たったの10分で津島に到着しました。島はほとんどが空き家で、人口は現在10〜13人らしく、島で賑わいをみせているのは、瀬戸内海を背景にくつろぐ猫たちでした。

それも驚くことに、猫たちの多くが目の色がブルーやグリーンで、ポイント柄(シャムやラグドール猫のような耳や顔の色など先端が濃くなる柄)という、洋ネコがミックスされているような猫たちが多いのです。


瀬戸内海を背景に集う猫たち


目の色がブルーの長毛猫。ラグドール風!?


ポイント柄のトリオ!


目の色がグリーンのキジトラ白もいます

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫エイズを知っておこう!【にゃんこの処方箋】 (8.22)

  • 連載

「猫かぶり」をつくりました【犬猫家族】 (8.22)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】楽しいときは楽しいように。 (8.22)

  • 連載

【ねこのはてな】お腹丸出しでゴロンする「へそ天」の秘密 (8.21)

  • 連載

OLネコの手作り弁当【津田蘭子の妄想スケッチ】 (8.21)

[PR]
  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (8.21)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】WIN WINの関係。 (8.21)

  • 連載

【保護猫と暮らす】牧場で生まれた白猫ぷるちゃん (8.20)

もっと見る

注目のグッズ

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る