TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ボス猫とは思えない風格の島猫/讃岐広島・日本

  • 連載

【地球ネコ旅】ボス猫とは思えない風格の島猫/讃岐広島・日本

小林 希の地球ネコ旅

瀬戸内海の香川県に、讃岐広島という離島があって、そこにオープンした猫のいる宿「ひるねこ」。猫従業員には、人間が大好きな茶トラ猫の茶々丸をはじめ、黒猫のあたしちゃん、小柄な体のサビ猫おーちゃん、黒猫の仔猫ロクさんなどがいて、賑やかな猫ファミリーがゲストを待ちわびながら暮らしています。

そして、ファミリーの大黒柱、ボス猫のちょび太は、白に近い色のサバトラ猫で、10年以上前からひるねこスタッフにご飯をもらって生活している外猫です。

最近、ひるねこスタッフで本職は漁師の木下さんから連絡をもらい(私はひるねこの立ち上げをお手伝いしました)、ちょび太の姿が急になくなったというのです。

続けて木下さんが、「たぶん、人目につかない所で亡くなっているのかもしれない」と。

3年前、大柄なちょび太に会ったとき、顔や体は傷だらけで、目つきもやや悪く、ボス猫としての風格がありました。年齢は、10歳〜13歳では、と聞いていました。それが、ここ最近のちょび太は、すっかりボスの風格を脱ぎ捨て、甘えん坊キャラになっていたのです。

とにかくちょび太が大好きなのは、ひるねこフタッフたち。スタッフに、のそのそとゆっくり近づいていき、

「メシ、くれニャ!」なんて言うこともなく、ただ

「にゃ〜ん」

と可愛くないて、ひざにすりすり。それからごろんとお腹を見せて、甘えのポーズ。外猫だとか家猫だとか関係なく、皆とちょび太の間には深い絆と愛情があるのは一目瞭然でした。

01
数年前、目つきがやや悪く、ボスの風格があったちょび太

02
ひるねこスタッフに甘える

03
ごろ〜んとお腹を見せて、信頼のポーズ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】猫にお風呂って必要? (2.21)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】急激に挽回。 (2.21)

  • 連載

よだれや食欲不振の原因にもなる猫の歯肉口内炎とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (2.20)

  • 連載

【ねこのはてな】肥満対策に欠かせない!猫の体重のはかり方 (2.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】気持ちが寄り添う。 (2.20)

  • 連載

【ねこのはてな】猫をお留守番させるときのポイント (2.19)

  • 連載

運命の人を引き寄せるおまじないを教えるにゃ【しあわせのねこまじない】 (2.19)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】お願いしていたことが良い結果に。 (2.19)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ファン垂涎!映画『ペット』のかわいいマスコットキーホルダー登場

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

しっぽふりふりダンスがかわいい!手漉き和紙の仔猫ちゃん壁掛け時計

おくだけで簡単取り付け!わんこの転倒防止に役立つ階段マット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る