TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ボス猫とは思えない風格の島猫/讃岐広島・日本

  • 連載

【地球ネコ旅】ボス猫とは思えない風格の島猫/讃岐広島・日本

小林 希の地球ネコ旅

瀬戸内海の香川県に、讃岐広島という離島があって、そこにオープンした猫のいる宿「ひるねこ」。猫従業員には、人間が大好きな茶トラ猫の茶々丸をはじめ、黒猫のあたしちゃん、小柄な体のサビ猫おーちゃん、黒猫の仔猫ロクさんなどがいて、賑やかな猫ファミリーがゲストを待ちわびながら暮らしています。

そして、ファミリーの大黒柱、ボス猫のちょび太は、白に近い色のサバトラ猫で、10年以上前からひるねこスタッフにご飯をもらって生活している外猫です。

最近、ひるねこスタッフで本職は漁師の木下さんから連絡をもらい(私はひるねこの立ち上げをお手伝いしました)、ちょび太の姿が急になくなったというのです。

続けて木下さんが、「たぶん、人目につかない所で亡くなっているのかもしれない」と。

3年前、大柄なちょび太に会ったとき、顔や体は傷だらけで、目つきもやや悪く、ボス猫としての風格がありました。年齢は、10歳〜13歳では、と聞いていました。それが、ここ最近のちょび太は、すっかりボスの風格を脱ぎ捨て、甘えん坊キャラになっていたのです。

とにかくちょび太が大好きなのは、ひるねこフタッフたち。スタッフに、のそのそとゆっくり近づいていき、

「メシ、くれニャ!」なんて言うこともなく、ただ

「にゃ〜ん」

と可愛くないて、ひざにすりすり。それからごろんとお腹を見せて、甘えのポーズ。外猫だとか家猫だとか関係なく、皆とちょび太の間には深い絆と愛情があるのは一目瞭然でした。

01
数年前、目つきがやや悪く、ボスの風格があったちょび太

02
ひるねこスタッフに甘える

03
ごろ〜んとお腹を見せて、信頼のポーズ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】猫のスリスリに隠された気持ちとは? (5.28)

  • 連載

結婚を早めるおまじないを教えるにゃ(女性編)【しあわせのねこまじない】 (5.28)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】愛され体質がパワーアップ。 (5.28)

  • 連載

【ねこのはてな】のどを鳴らすゴロゴロ音にはすごい効果があった!? (5.27)

  • 連載

【地球ネコ旅】伊豆大島で猫にたくさん出会える岡田/伊豆大島・日本 (5.27)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】知らぬ間に惚れられている。 (5.27)

  • 連載

猫の効果的なダイエット方法とは?【にゃんこの処方箋】 (5.26)

  • 連載

【ねこのはてな】首輪に鈴を付けるのってアリ?ナシ? (5.26)

もっと見る

注目のグッズ

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る