TOP>連載 > 【ねこのはてな】お尻ポンポンを要求するのはなんで?
  • 連載

【ねこのはてな】お尻ポンポンを要求するのはなんで?

飼い猫を撫でながらステキな時間を過ごしている最中、獣医師さんにも猫の体をマッサージしながら猫の骨格を感じて、病気や肥満の兆候を調べましょうって言われたし……って思って、猫の背中からしっぽにかけてすぅーっと手を滑らせると、猫がプンッとお尻を突き出すこと、ありませんか?

飼い主としては、お尻の穴は丸見えになるし、なんだか、ちょっとびっくりしちゃうんですけど……。この行動をする猫の気持ちっていったい……。嫌がっているのか、嬉しいのかもわからないので、調べてみました。

s__44924935

お尻からしっぽを触らずとも、撫でている最中、伏せの体勢になりつつ、お尻を浮かせている猫ってよく見ますよね。

これって実は「甘えている」行動のひとつだそうです。

しっぽの付け根は、仙骨という骨があって、その中に脊髄が通っているので、刺激されることで、起こる現象なのだそうです。そこに神経の集まる猫にとっては敏感な場所。だから、触られるのが嫌いな子もいれば、気持ちいいから撫でてほしいと思う子もいるという、とてもセンシティブな場所なのだそうです。

触って欲しいという子の多くは、手の平でやさしくトントンとリズミカルに叩くのが好まれやすいですが、指を立てて掻くように撫でるとかちょっぴり強めにさすってあげるなど、猫の個体差で気持ちよいポイントが異なるようです。

自分の家の猫が、どう触られるのが嬉しいかを把握することこそが、飼い主の力量の見せ所、ともいえそうです。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】首をかしげる仕草の秘密 (3.29)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】小さなことから評価があがってゆく。 (3.29)

  • 連載

【ねこのはてな】ベロをしまい忘れるのはなんで? (3.28)

  • 連載

実は視力が弱い?足にもヒゲ?…猫の不思議な体の仕組み【にゃんこの処方箋】 (3.28)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】笑いあえる毎日。 (3.28)

  • 連載

猫と上手に遊ぶ方法【にゃんこの処方箋】 (3.27)

  • 連載

【ねこのはてな】オスとメスの違い (3.27)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】睡眠不足を解消し思いやりと出会いを。 (3.27)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る