TOP>連載 > 【地球ネコ旅】続・日本一の猫寺で暮らす元捨て猫たち/越前・福井

  • 連載

【地球ネコ旅】続・日本一の猫寺で暮らす元捨て猫たち/越前・福井

小林 希の地球ネコ旅

福井県越前市庄田町にある曹洞宗の寺院、御誕生寺の猫たちの話の続きです。ここに集まる捨て猫たちを保護し、お世話をしていることから、日本で最も猫が多いお寺として、一躍有名になりました。

捨て猫ゆえ、もとより血縁関係のない猫たちは見た目の柄がさまざま。その中でひときわ可愛い、ブサイク顔のアメリカン・ショートへアーの猫ゴンくんがいました。冬の寒いなか、中に入りたくて仕方ないゴンくん。いつも、事務所のドアの前に座り、沈黙の訴えを続けるのですが、それでドアを開けてくれるなんてことはありません。

ただ、思いがけず誰かの出入りでドアが開くことがあります。その時を待っていたのでしょう。ささっと機敏な動きで中に潜入して、温かい場所を求めて走っていきます。が、結局5分もすれば修行僧の方に抱っこされて、外に出されてしまうのです。

01
事務所の前で「開けてにゃ〜」と訴えるゴンくん

02
運良く中に入っても、すぐに連行されて、お外へ

一度外に出されたからと行って、諦めはしません。再び、事務所の前で“そのとき”を待ちます。ちなみに、こんなに中に入りたがる猫は、そのときはゴンくんくらいだったような。

参拝者が事務所に入った時に、またもするりと中に入りました。中を覗くと、事務所の中でもっとも温かそうな、コピー機の上にいました。

そして、すぐ、また外に出されてしまうのです。とほほ、という顔をするゴンくん。他の猫たちは、「ああ、今日もゴンはがんばってるにゃあ」と思って見ているに違いないでしょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】飼い主のお風呂上がりをドア前で待つのはどうして? (3.25)

  • 連載

【地球ネコ旅】睦月島のクロちゃんとおじいちゃん/睦月島・日本 (3.25)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】実績を積み上げて信頼度アップ。 (3.25)

  • 連載

【ねこのはてな】靴下の臭いを嗅ぐのはなぜ? (3.24)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】情報収集とコミュニケーションが大切。 (3.24)

  • 連載

【ねこのはてな】真夜中の運動会が始まりました…(泣) (3.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】積極的に人と関わる。 (3.23)

  • 連載

【ねこのはてな】気まぐれな猫の性格、実は4つのモードを切り替えていた!? (3.22)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る