TOP>連載 > 【地球ネコ旅】続・日本一の猫寺で暮らす元捨て猫たち/越前・福井

  • 連載

【地球ネコ旅】続・日本一の猫寺で暮らす元捨て猫たち/越前・福井

小林 希の地球ネコ旅

福井県越前市庄田町にある曹洞宗の寺院、御誕生寺の猫たちの話の続きです。ここに集まる捨て猫たちを保護し、お世話をしていることから、日本で最も猫が多いお寺として、一躍有名になりました。

捨て猫ゆえ、もとより血縁関係のない猫たちは見た目の柄がさまざま。その中でひときわ可愛い、ブサイク顔のアメリカン・ショートへアーの猫ゴンくんがいました。冬の寒いなか、中に入りたくて仕方ないゴンくん。いつも、事務所のドアの前に座り、沈黙の訴えを続けるのですが、それでドアを開けてくれるなんてことはありません。

ただ、思いがけず誰かの出入りでドアが開くことがあります。その時を待っていたのでしょう。ささっと機敏な動きで中に潜入して、温かい場所を求めて走っていきます。が、結局5分もすれば修行僧の方に抱っこされて、外に出されてしまうのです。

01
事務所の前で「開けてにゃ〜」と訴えるゴンくん

02
運良く中に入っても、すぐに連行されて、お外へ

一度外に出されたからと行って、諦めはしません。再び、事務所の前で“そのとき”を待ちます。ちなみに、こんなに中に入りたがる猫は、そのときはゴンくんくらいだったような。

参拝者が事務所に入った時に、またもするりと中に入りました。中を覗くと、事務所の中でもっとも温かそうな、コピー機の上にいました。

そして、すぐ、また外に出されてしまうのです。とほほ、という顔をするゴンくん。他の猫たちは、「ああ、今日もゴンはがんばってるにゃあ」と思って見ているに違いないでしょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

一生、ネコからは離れられない運命? (2.15)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー ビニールと修行僧【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (2.10)

  • 連載

脱走ネコのプーピーはどこに?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.25)

  • 連載

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

  • 連載

猫の楽園で、猫パワーチャージ! (1.13)

  • 連載

僕の名前はスティービー【僕、産まれるときに目を忘れちゃった】 (1.11)

  • 連載

ネコの楽園へ行く前に寄りたい猫喫茶店 (1.8)

  • 連載

脱走ネコのプーピー【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.2)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る