TOP>連載 > 【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

  • 連載

【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

小林 希の地球ネコ旅

ドイツのロマンチック街道を北から南に旅すると、最後の町となるのがバイエルン地方で最も標高が高いところにあるフュッセンです。ここも旧市街は中世の街並が美しい形で残っているのですが、フュッセンに来る観光客のほとんどは、シンデレラ城のモデルと言われるノイシュヴァンシュタイン城へ行く起点として訪れるようです。

ここで、猫がいないかと探したのですが、旧市街にいると町の人から聞いた猫ちゃんたちは、その日みんなどこかへお散歩……。というよりは、初春の頃でまだ外は寒く、雪が降ったり止んだりを繰り返しているので、おそらく猫たちもどこか暖を探してじっとしているのでしょう。

ああ、フュッセンでは猫ちゃんに会えないのね、と思った時だった。

「良かったら、農家で暮らす猫に会いに行ったらどうだい。もうだいぶ年を取った猫だと思うよ」

と、地元の方に教えてもらい、さっそく尋ねてみることにしました。

お年寄りの猫ちゃん、どうか元気でいてほしい!そんな気持ちでいっぱいになりながら、農家に到着。猫に会うよりもまず感動したのは、農場の背後に広がる雄大で美しいアルペン山脈の勇姿でした。

いざ、農家のドアを叩くと、優しそうなマダムが出てきました。事前に地元の人が電話を入れてくれたので、すんなり猫ちゃんのいる場所へと通してもらいました。

「この猫が、アドルフィッヘンよ」

01
農家の外でまるくなってじっとしていたアドルフィッヘン

02
しばらくすると農場をパトロール、背後にノイシュヴァンシュタイン城!

「最初ね、彼女がまだ仔猫でとっても小さかった時、男の子だと思い込んで、アドルフって名前をつけちゃったの」

それが後々女の子と分かり、造語で「アドルフィッヘン」とドイツ語的には女の子風なニュアンスになるように名前を変えたようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

バルト三国のおしゃれな猫カフェであたたまる/ヴィリニュス・リトアニア【小林 希の地球ネコ旅... (11.28)

  • 連載

え、本物の猫じゃないの?リアルな羊毛フェルト猫を世界が賞賛! (11.26)

  • 連載

引っ越し騒動 そして血の残劇!!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (11.25)

  • 連載

エリザベスカラーを装着したけど…【犬猫家族】 (11.21)

  • 連載

引っ越し騒動 海苔子捕物帳!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (11.10)

  • 連載

天下分け目の引っ越し前夜【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (10.27)

  • 連載

そして今日も捨てられていた猫がいる。 (10.22)

  • 連載

猫とヴォーカリスト。〜目を忘れて産まれてきたスティービーに捧ぐ〜 (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る