TOP>連載 > 【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

  • 連載

【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

小林 希の地球ネコ旅

ドイツのロマンチック街道を北から南に旅すると、最後の町となるのがバイエルン地方で最も標高が高いところにあるフュッセンです。ここも旧市街は中世の街並が美しい形で残っているのですが、フュッセンに来る観光客のほとんどは、シンデレラ城のモデルと言われるノイシュヴァンシュタイン城へ行く起点として訪れるようです。

ここで、猫がいないかと探したのですが、旧市街にいると町の人から聞いた猫ちゃんたちは、その日みんなどこかへお散歩……。というよりは、初春の頃でまだ外は寒く、雪が降ったり止んだりを繰り返しているので、おそらく猫たちもどこか暖を探してじっとしているのでしょう。

ああ、フュッセンでは猫ちゃんに会えないのね、と思った時だった。

「良かったら、農家で暮らす猫に会いに行ったらどうだい。もうだいぶ年を取った猫だと思うよ」

と、地元の方に教えてもらい、さっそく尋ねてみることにしました。

お年寄りの猫ちゃん、どうか元気でいてほしい!そんな気持ちでいっぱいになりながら、農家に到着。猫に会うよりもまず感動したのは、農場の背後に広がる雄大で美しいアルペン山脈の勇姿でした。

いざ、農家のドアを叩くと、優しそうなマダムが出てきました。事前に地元の人が電話を入れてくれたので、すんなり猫ちゃんのいる場所へと通してもらいました。

「この猫が、アドルフィッヘンよ」

01
農家の外でまるくなってじっとしていたアドルフィッヘン

02
しばらくすると農場をパトロール、背後にノイシュヴァンシュタイン城!

「最初ね、彼女がまだ仔猫でとっても小さかった時、男の子だと思い込んで、アドルフって名前をつけちゃったの」

それが後々女の子と分かり、造語で「アドルフィッヘン」とドイツ語的には女の子風なニュアンスになるように名前を変えたようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】今までの流れでいい調子。 (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る