TOP>連載 > 【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

  • 連載

【地球ネコ旅】アルペン山脈の農家で23年暮らす老猫/フュッセン・ドイツ

小林 希の地球ネコ旅

ドイツのロマンチック街道を北から南に旅すると、最後の町となるのがバイエルン地方で最も標高が高いところにあるフュッセンです。ここも旧市街は中世の街並が美しい形で残っているのですが、フュッセンに来る観光客のほとんどは、シンデレラ城のモデルと言われるノイシュヴァンシュタイン城へ行く起点として訪れるようです。

ここで、猫がいないかと探したのですが、旧市街にいると町の人から聞いた猫ちゃんたちは、その日みんなどこかへお散歩……。というよりは、初春の頃でまだ外は寒く、雪が降ったり止んだりを繰り返しているので、おそらく猫たちもどこか暖を探してじっとしているのでしょう。

ああ、フュッセンでは猫ちゃんに会えないのね、と思った時だった。

「良かったら、農家で暮らす猫に会いに行ったらどうだい。もうだいぶ年を取った猫だと思うよ」

と、地元の方に教えてもらい、さっそく尋ねてみることにしました。

お年寄りの猫ちゃん、どうか元気でいてほしい!そんな気持ちでいっぱいになりながら、農家に到着。猫に会うよりもまず感動したのは、農場の背後に広がる雄大で美しいアルペン山脈の勇姿でした。

いざ、農家のドアを叩くと、優しそうなマダムが出てきました。事前に地元の人が電話を入れてくれたので、すんなり猫ちゃんのいる場所へと通してもらいました。

「この猫が、アドルフィッヘンよ」

01
農家の外でまるくなってじっとしていたアドルフィッヘン

02
しばらくすると農場をパトロール、背後にノイシュヴァンシュタイン城!

「最初ね、彼女がまだ仔猫でとっても小さかった時、男の子だと思い込んで、アドルフって名前をつけちゃったの」

それが後々女の子と分かり、造語で「アドルフィッヘン」とドイツ語的には女の子風なニュアンスになるように名前を変えたようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】飼い主のお風呂上がりをドア前で待つのはどうして? (3.25)

  • 連載

【地球ネコ旅】睦月島のクロちゃんとおじいちゃん/睦月島・日本 (3.25)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】実績を積み上げて信頼度アップ。 (3.25)

  • 連載

【ねこのはてな】靴下の臭いを嗅ぐのはなぜ? (3.24)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】情報収集とコミュニケーションが大切。 (3.24)

  • 連載

【ねこのはてな】真夜中の運動会が始まりました…(泣) (3.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】積極的に人と関わる。 (3.23)

  • 連載

【ねこのはてな】気まぐれな猫の性格、実は4つのモードを切り替えていた!? (3.22)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る