TOP>連載 > 【地球ネコ旅】世界最古の福祉施設で暮らすネコたち/アウクスブルク・ドイツ

  • 連載

【地球ネコ旅】世界最古の福祉施設で暮らすネコたち/アウクスブルク・ドイツ

小林 希の地球ネコ旅

南ドイツのロマンチック街道に、アウクスブルクという美しい町があります。ローマ皇帝アウグストゥスが二人の息子達をこの土地に送り、ローマ軍のキャンプをつくらせたのが、この町の始まりだそうです。

マリー・アントワネットがフランスのルイ16世に嫁ぐため、オーストリアからの移動中に立ち寄ったシェッツラー宮殿があります。バロック様式の豪華絢爛な踊りの間では、マリー・アントワネットが実際に踊ったとして有名なのです。

しかし個人的な街の見所は、世界最古の社会福祉施設フッゲライです。16世紀、アウクスブルク出身の資産家フッガー家のヤーコプ・フッガーが低所得者の市民を救うために建てました。

現在も入居者はいっぱいですが、入場料を払えば観光客は見学可能なので訪れることにしました。施設というよりは、気持ちのよい二階立てのアパートという感じ。そこで、なんと、ネコちゃんたちに出会いました。

01
ふと二階を見上げると、窓辺にネコちゃんが。一緒に暮らしているようです

02
窓辺から出てお散歩気分なのかにゃ?

この施設は、当時と変わらない入居条件と賃貸料というのが魅力的。条件とは3つ。

・ キリスト教徒であること
・ アウクスブルク市民であること
・ 借金がないこと(自分のせいで貧しくなった者は入居不可)

そして賃貸料は当時1ライングルデンで、現在の貨幣で0.88ユーロ。これが現在も引き継がれ、1年間の賃料となっているとは驚きです。もちろん老人ホームではないので、老若男女暮らしていて、働いている人たちもたくさん。

フッガー家が施設の経営を今も変わらず続けているおかげで、貧困者とはいえ、日本人の私が見ても羨ましくなるほど素敵なアパートに暮らしています。ネコたちも健康的な体で、のんびりと寛いでいるようです。

フッガー家は、「自分たちの成功は神様のおかげ」と考え、貧しい人のための家を建てることで、神様への感謝の気持ちを届けました。そしてまた、巡り回って自分たちの幸福を願ったようです。素敵ですね。

03
一階の窓辺にいたグレイ色のネコちゃん

04
のんびりと過ごしているようです……

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】今までの流れでいい調子。 (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る