TOP>連載 > 【地球ネコ旅】猫シェルターでドイツの猫事情を知る/ネルトリンゲン・ドイツ

  • 連載

【地球ネコ旅】猫シェルターでドイツの猫事情を知る/ネルトリンゲン・ドイツ

小林 希の地球ネコ旅

1500万年前に隕石が落下してできたクレーターの中につくられた中世の街、ネルトリンゲン。街をぐるっと囲う城壁は中世の時のままです。1215年に皇帝フリードリヒ二世から都市権を与えられて帝国自由都市になり、そのときに城壁が築かれたと言われています。

この旅で、城壁の外にある動物シェルターを訪問しました。猫、犬、うさぎ、豚……なんでも保護するところのようです。現在シェルターに、猫は数匹いるだけ。どうやら猫は常に引き取り手が多いらしいです。

そもそも、日本にいると当たり前にあるペットショップが、ドイツにはほとんどなくて(他にもそういう国はいくつもヨーロッパにある)、猫を飼いたい場合は基本的にシェルターで引き取るか、直接ブリーダーさんのところに行くようです。

また、シェルターの発信するインターネットの情報(ホームページやFacebookなど)や動物用品店やマーケットに置かれるチラシなどで、引き取りたい動物を見つけるそう。

しかも、ドイツ人は国内だけでなく、他のヨーロッパの国でも引き取りたい猫や犬を見つけたら引き取りに行くそう。凄い行動力!

そして、シェルターに着いてびっくり。猫が外をとことこ自由に歩いているのです!

01
気持ちのよい解放的な動物シェルター。猫も自由に歩き回れるとか

02
シェルターの中には現在引き取り手を待つ健康的な猫たちが

03
いつもスタッフが猫たちの状態をチェック

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】今までの流れでいい調子。 (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】当てにしていなかった収入が。 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ねこのはてな】水を飲んでもらうための工夫あれこれ (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る