TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ソウルの猫宿「アジトゲストハウス」/ソウル・韓国

  • 連載

【地球ネコ旅】ソウルの猫宿「アジトゲストハウス」/ソウル・韓国

小林 希の地球ネコ旅

韓国では猫カフェをはじめ、猫のいる宿がいくつかあって、そのひとつ「AGIT GUESTHOUSE」に滞在しました。地下鉄3号線と6号線の薬水駅が最寄り駅で、駅から徒歩3分ほどの立地にあります。外観はまるで一軒家。

玄関を開けると、日本の家と同じように靴を脱いであがる仕組みになっています。なんだか、海外という気がしません。玄関で靴を脱いでいると、トコトコと、噂通りに猫ちゃんが出迎えにきてくれました。

「にゃーん」と可愛くないて、ゲストのニオイをチェック。

続いて、別の猫ちゃんも登場。どうやらこの宿には白サバトラ猫とサバトラサビ猫(ちょっと珍しい!)が一緒に暮らしているようです。

玄関から入ってすぐの共有スペースはリビングダイニングという感じで、一つのテーブルをゲストたちが自由に使えます。それ以外にも、バスルームやトイレも共同で(部屋についているタイプもある)、韓国人の友人宅に遊びにきたような感覚になります。まさにローカルな暮らしを体験する宿。

実際宿には、オーナーとスタッフも同居していて、まるで我が家のように(なのでしょうが)、日中はテレビをつけて韓国ドラマを観ているし、その横で猫たちも寛いでいます。

01
2歳のヌーン。まんまるな瞳と珍しい柄が特徴

02
玩具で一人遊びするのが好きなヌーン

03
甘えん坊のクーン

宿に到着後、お腹が空いたか聞かれたので、「まあまあかな」というと、オーナーが韓国料理を作ってくれることに。「トッポギでいいかな?」と、冷蔵庫から食材を取り出し、料理開始。足元では猫たちがウロウロしています。

「猫たちの名前は?」と聞くと、

「クーンとヌーン」とお兄さん。

2歳半と2歳くらいだというクーンとヌーンは、友人から貰ってきたそうで、仔猫の時からここにいるそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ストレス発散で優しい気持ちに。 (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】余裕が結果を引き寄せる。 (10.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】日頃からコツコツと。 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】オープンハート。 (10.16)

  • 連載

【ねこのはてな】差し出した指に鼻をつけてくるのはなぜ? (10.15)

  • 連載

褒める習慣を身につけて幸せを引き寄せるのにゃ【しあわせのねこまじない】 (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る