TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ソウルの猫カフェ事情/ソウル・韓国

  • 連載

【地球ネコ旅】ソウルの猫カフェ事情/ソウル・韓国

小林 希の地球ネコ旅

韓国のソウルのゲストハウスに滞在していたとき、そこに可愛い猫が二匹いました。オーナーが数年前、路上にいた仔猫を拾って飼いはじめたとか。韓国でも、なるべく捨て猫などの里親になろうとする傾向が最近はあるとのこと。

ソウルの街中ではあまり野良猫は見ないのですが、たまに住宅地のほうでは、首輪をした猫がとことこ路上を歩いているのを見かけます。

「韓国人は猫好きが多いですか?」とオーナーに聞くと、「多い、多い! 最近は猫カフェもたくさんあるよ」と。

それで、さっそく明洞に猫カフェがあると知って、行ってみることにしました。明洞はソウルでもっとも賑やかな地区のひとつで、観光客で溢れて、活気があります。教えてもらった場所に、「CAT café」という看板がありました。韓国語で店名が書いてありますが、日本語だと「猫の遊び場」という意味らしいです。さっそくお店のある3階へ。

入り口にはすでも靴箱に入り切らない数の靴が……。お客様でいっぱい、盛況なご様子。中に入ると、子供やムスリム系の方々(見た目でヒジャーブを頭に巻いているので分かる)がたくさんいました。

そういえば、イスラム教の神様アッラーは猫好きだったという理由から、イスラム教の国々は至る所に猫がいました。皆さん、猫が好きなのだそうです。

さて、入場には8000ウォン(700円程度)を払って、好きなドリンクと荷物を入れるビニール袋をもらいますが、カウンタ—は猫にででーんと占領されています。

01
猫に占領されたカウンタ—

02
猫カフェにいる猫メンバーの紹介図

03
店内は子供やムスリムの方が多くいて、楽しそう!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】猫のお腹が白いのはなんで? (1.17)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】パートナーの存在が自分を前に。 (1.17)

  • 連載

【猫に出逢えるハッピースポット】 難攻不落の名城、唐澤山神社。(城マニアの聖地) (1.16)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】お財布事情の回復。 (1.16)

  • 連載

【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき? (1.15)

  • 連載

沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】 (1.15)

  • 連載

【ねこのはてな】猫って本当に寒さに弱いの? (1.15)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】事件が二人の絆を強固に。 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る