TOP>連載 > 【ねこのはてな】シニア用フードはいつから?年齢別で見る猫の飼い方《老猫期編》
  • 連載

【ねこのはてな】シニア用フードはいつから?年齢別で見る猫の飼い方《老猫期編》

見た目はそんなに変わっていなくても、運動量が減り寝ている時間が増える老猫期は7歳辺りから訪れます。変わらない日常の中でも老いは進んでいくもの。ちょっとした体調の変化にも気を配って、老猫期の猫が穏やかに過ごせる準備をしましょう。

082ef539d7136290b8f3710b3bee0442_s

【老猫期】

◆7歳~10歳
運動量が減ってきて寝ている時間が増えてくる初老の時期。白髪が目立ってくるのもこの頃から。フードをシニア用に替える時期です。

「猫が歳を取ったと認めたくないから、まだ成猫用のフードを与えています」という人がいますが、それは猫の体に負担をかけることにつながるので、猫の様子を見ながら切り替えていくことが大切です。歯も衰えてくる時期なので、動物病院に相談をして、麻酔に耐えられるようであれば歯石除去をするのもおすすめです。

◆11~16歳
11歳を超えたら、動物病院での健康診断を半年に一度程度に替えましょう。腎臓や肝臓などの様子を定期的に診断することで病気の早期発見につなげることができます。そのほかにも、ガンや白内障などの病気も増えてくるので十分注意しましょう。

フードも老猫にとっては少量でも吸収力の高い、質の良いたんぱく質の食事が大切です。食べることが大好きな猫も、一度にたくさんの量が食べられなくなってくるので、1回の食事の量を減らし、回数を増やすなどの工夫をしましょう。また、体調によっては動物病院と相談しながら、療養食に替えることも検討しましょう。胃腸の機能が衰えて下痢や便秘などを起こす場合もあるので、排泄物の様子もしっかりチェックすることが大切です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (8.17)

  • 連載

【ねこのはてな】野良猫が夜集会を開く理由とは? (8.17)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】暑さに負けない。 (8.17)

  • 連載

【ねこのはてな】差し出した指に鼻をつけてくるのはなぜ? (8.16)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】無くてはならない存在に。 (8.16)

  • 連載

【ねこのはてな】お尻フリフリダンスの秘密 (8.15)

  • 連載

【地球ネコ旅】何かの上に乗りたい猫たち/福江島・長崎 (8.15)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】都合のいい相手にならない。 (8.15)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る