TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ネコのいる家のおばあちゃんの話/手島・日本

  • 連載

【地球ネコ旅】ネコのいる家のおばあちゃんの話/手島・日本

小林 希の地球ネコ旅

瀬戸内海の香川県に手島という秘境感漂う離島があります。現在人口は23人で、そのほとんどは高齢者です。手島は蝶蝶のような形をした島で、中央に集落がひとつあるだけ。

島にある塩飽大工の手がけた100年近く前に建てられた日本家屋はほとんど空き家ですが、とても見応えがあって、江戸時代の制札場(御触書などを掲示する場所)がひっそりと残って情緒があります。

夏になると瀬戸内海を背景に一面のひまわり畑が広がり、かつて学校だったところは現在手島自然教育センターとなって宿泊可能。子供達が四国本土から来島して、バーベキューをしたり海で遊んだりと、普段静かな島に元気いっぱいの声を響かせます。

さて、手島には名物おじいちゃんとおばあちゃんがいます。浜本さんという85歳の現役漁師さんと奥様。私は何度もお会いしていますが、いつも夫婦で船に乗り込み、漁に出ています。

ある時、浜本さんのご自宅で、おばあちゃんとお話をした時のこと。

「いつ頃から漁をご一緒しているのですか?」と聞くと、

「私ね、漁に出る日まで、漁なんて出たことなかったから。もう必死。好きなんて考える間もなく嫁いで、いきなり本番で海にぽんと出てしまって」

というおばあちゃんの足元に、ひょっこりとネコがきました。

「うちは漁師だから、いつもネコが魚をもらいにくるの」

ちょっと苦笑いしながらも、ネコを見つめる目には優しさがにじみ出ています。

01
浜本さん宅の玄関先で、ネコとおばあちゃん

02
いつも来るというネコちゃん

03
お庭に別のネコが登場。仲間かにゃ?

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】生類憐みの令は、なぜ犬なんだ? (10.23)

  • 連載

【ねこのはてな】雨の日は心なしか、おとなしい気が… (10.23)

  • 連載

【ねこのはてな】寝ている飼い主さんの顔を舐める理由 (10.23)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】遠慮せずにもう一歩。 (10.23)

  • 連載

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【ねこのはてな】猫は9つの命を持つ!?猫の雑学 (10.22)

  • 連載

パワースポットの力を感じるのにゃ【しあわせのねこまじない】 (10.22)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る