TOP>連載 > 【地球ネコ旅】リマの公園で“おもしろ柄ネコ”集合!/リマ・ペルー

  • 連載

【地球ネコ旅】リマの公園で“おもしろ柄ネコ”集合!/リマ・ペルー

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

今回もまた、ペルーは首都リマのネコ・パラダイスこと中央公園&ケネディ公園のネコたちの柄に注目して、いくつか柄の面白い写真をご紹介したいと思います。

ネコの柄は、もともと祖先であるヤマネコから来ており、茶色の毛に黒縞模様が入ったキジトラ柄だけだったと言われています。それが遺伝子の突然変異などが起き、キジトラから銀色に黒縞模様のサバトラやオレンジに茶縞模様の茶トラが誕生したり、長毛種が誕生したり、尻尾の短いネコが誕生したり、世界にさまざまな柄のネコが増えていったようです。

さらに、柄の違うネコ同士の交配がすすみ、日本でいえば三毛猫のような雑種ネコが増え、柄はいっそうバラエティ豊かになっていったそうです。ただ、ネコの柄の組み合わせ色は3色までにしかならないのも、遺伝子が関係しているそうです。

ペルーで出会った柄ネコを紹介します。

01
茶トラ柄とグレイ色と白の三毛猫。世界で初めて出会った組み合わせの柄ネコでした

02
基本的に黒白ネコの柄の入り方はアートのようですが、このネコは前髪斜め流し風がキマっています

03
まるでアイマスクをして眠っているような三毛猫。瞳を開けたらネコパンダ風になるのでしょうか

04
同じく三毛猫でも、インパクト大なハーフ&ハーフな顔です。もしくは、黒に茶トラ柄がするどく入り込んだような柄

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】バランスが取れた金銭感覚。 (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

恋を実らせるおまじないにゃ(女性編)【しあわせのねこまじない】 (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】猫は朝ご飯にありつくためには手段を選ばない生き物 (10.21)

  • 連載

【小林 希の地球ネコ旅】かくれんぼの上手な猫ちゃん/ユトレヒト・オランダ (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】「さくらねこ」って知ってますか? (10.21)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】今までの流れでいい調子。 (10.21)

  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ? (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る