TOP>連載 > 実は感染率が高い!?猫もフィラリア症を患うって知ってた?【にゃんこの処方箋】
  • 連載

実は感染率が高い!?猫もフィラリア症を患うって知ってた?【にゃんこの処方箋】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

Dr.林のにゃんこの処方箋

実は感染率が高い!?猫もフィラリア症を患うって知ってた?

f36c375c339f1212cceb122fdb9d0808_s

今回は、猫のフィラリア症についてお話しします。え〜?フィラリア症って犬の病気じゃないの?と思う方も大勢いらっしゃると思いますが、猫にもフィラリア症はあるのです。

でも、あまり知られていませんよね。では、なぜあまり知られていないかというと…、実は犬と違って診断がとても難しいのです。それゆえに、「フィラリアに感染している猫」というのは実際はもっとたくさんいるはずですが、診断されないという現実があります。

ゾエティスという薬品メーカーが行った調査では2008年以降に27の都道府県で51例の感染が認められました。また、猫の10匹に1匹はフィラリアに感染しているという報告や、感染していた猫の約40%は完全室内飼育だっという報告があります。つまり、実はかなり高い感染率であり、室内飼育でも感染してしまうことがわかります。

猫の感染経路も犬と同じです。それは、

1.蚊が感染している犬の吸血時にミクロフィラリアという幼虫を吸い込みます。
2.その蚊に吸血されると幼虫が蚊のさした穴から猫の体内に侵入します。
3.幼虫は皮膚を移動しながら発育し、やがて血管内に侵入します。
4.多くの場合、幼虫は血管内で死滅しますが、この死滅した幼虫が肺に炎症を起こします。
5.まれに成虫にまで発育し、肺や心臓に寄生します。

猫の場合、フィラリアに感染はするものの抵抗性が強いのが特徴です。したがって、猫の方が圧倒的に幼虫や成虫の感染数が少なく、猫体内での成虫への成長も犬に比べてゆっくりです。では、猫はフィラリアに感染してもなんともないのでしょうか???

いえいえ、そうではありません!大部分の猫さんは無徴候なのですが、主な症状は、

・間欠的な咳、呼吸困難や呼吸がはやくなるという症状
・吐き
・発作、失神、突然死

などです。

厄介なことに、この症状はフィラリア症だけに限ったことではありません。他の病気でも見られる症状なのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】自分にとって満足のいく結果。 (11.19)

  • 連載

【保護猫と暮らす】保護猫が出産し大家族に。母猫と子猫のしあわせ物語 (11.18)

  • 連載

【ねこのはてな】肉球の役割ってにゃに? (11.18)

  • 連載

【小林 希の地球ネコ旅】猫の爪より深〜いお父さんの愛/讃岐広島・日本 (11.18)

  • 連載

結婚を早めるおまじないを教えるにゃ(女性編)【しあわせのねこまじない】 (11.17)

  • 連載

【ねこのはてな】真夜中の運動会が始まりました…(泣) (11.17)

  • 連載

愛猫は1000年に一度の「ねこ」!保育士・てぃ先生【ねこじん】 (11.17)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】ゆっくり育てて豊かな収穫。 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る