TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ハバナの猫が/ハバナ・キューバ

  • 連載

【地球ネコ旅】ハバナの猫が/ハバナ・キューバ

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

社会主義国家で国民全員が皆平等だというキューバ。スペインからの独立戦争やチェ・ゲバラやフィデル・カストロ率いる革命を経て、60年前のアメリカとの国交断絶と今年の歴史的な国交正常化。めまぐるしい歴史を辿るキューバだけど、首都のハバナを知れば、あまりに穏やかで驚く。

激動の歴史の中で、人々の中に据えられた盤石な強い精神は、今のキューバの根底に流れているにちがいない。だからこそ、皆、ゆったりとして、愛情深い。街で困っている人がいたら、誰それとなく助けるし、支え合っているようにみえる。

街に住み着く猫たちは、たいていは人懐こいし、自由きままな素振りでマイペース。

01
旧市街ハバナ・ビエーハにいた美猫

02
優しそうなおばあさまとくるくるパーマの愛らしい子供が美猫の家族なのかしら…

旧市街のハバナ・ビエーハの道をあちこち歩けば、大抵猫に出会える。観光のメイン通りであるオビスポ通りを真っすぐにいくと、アルマス広場にでる。アルマス広場は、ほぼ毎日、古本や骨董品が売られる露店が出されていて、思わずチェ・ゲバラの古い写真やポスターを眺めてうっとりしてしまう。

そんな観光客を相手に、やれやれといったかんじで、足下を見ると猫がうずくまっていたりする。

03
どこにでも猫がふらっといたりする

04
アルマス広場の古本や骨董品を売る店の猫、なんかご機嫌斜めな感じだ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

一生、ネコからは離れられない運命? (2.15)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー ビニールと修行僧【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (2.10)

  • 連載

脱走ネコのプーピーはどこに?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.25)

  • 連載

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

  • 連載

猫の楽園で、猫パワーチャージ! (1.13)

  • 連載

僕の名前はスティービー【僕、産まれるときに目を忘れちゃった】 (1.11)

  • 連載

ネコの楽園へ行く前に寄りたい猫喫茶店 (1.8)

  • 連載

脱走ネコのプーピー【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.2)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る