TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ボス猫チョビ太と茶々丸の関係/讃岐広島・日本

  • 連載

【地球ネコ旅】ボス猫チョビ太と茶々丸の関係/讃岐広島・日本

小林 希の地球ネコ旅

こちらの連載でお馴染みになってきた瀬戸内海、讃岐広島の宿ひるねこの猫従業員代表“茶々丸”。ひるねこオープンとともに、どこからか姿を現した子猫の茶々丸でしたが、今はもうすっかり大きな体になりました。幾分太りすぎではと、ひるねこスタッフの間では囁かれているほど。

でも、よく食べる分、よく動くし、ひるねこに泊まりに来てくださったお客様の子供さんたちが大きな体の茶々丸を抱っこして大喜び。猫従業員代表らしく、大人しく抱っこされているのです。

ところで、茶々丸と同じ時期に茂浦(ひるねこがある集落です)でうまれた子猫のリーちゃん。たしか、同じくらいの体の大きさだったはずなのだけど…。

01
最近、ボクちょっと太ったんだにゃ

02
子猫の時は同じ体の大きさだったりーちゃんと茶々丸

ひるねこ及び、向かいにあるひるねこスタッフの家でのんびりと暮らしている猫ファミリー。ファミリーのボスはチョビ太といって、体格は茶々丸よりさらに一回り大きいオス猫なのですが、目つき、顔立ちといって、オスの中のオスといった感じ。

実際は、ちょっと喧嘩が弱くて、でもとっても優しくて、子猫がいたら先にご飯を食べさせてあげたり、同じオス猫の茶々丸にも威嚇することなく過ごしたりしています(今は…)。とはいえ、茶々丸も分をわきまえているようで、チョビ太がくると、これまで居心地よさそうに居眠りしていた場所も大人しく譲っていました。猫ファミリーの猫関係を垣間みるのも興味深いものがあります。

P9120388
いかにもオスらしい風貌のボス猫チョビ太

P9120400
チョビ太「この場所いいにゃ〜」茶々丸「……(我慢にゃり)」

(お知らせ)地球を歩いて回って出会った世界の猫たちの写真を紹介するインスタグラムを始めました!

ぜひ、フォローしてください!
https://www.instagram.com/nyantravel/ 

 

n2

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

1982年、東京都出身。IT企業に7年勤め、退社したその日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。帰国後、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)でデビュー。現在も45か国以上を旅しながら執筆活動を続け、ネットやラジオ、雑誌などで活躍。近著に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、『世界の美しい街の美しいネコ』(エクスナレッジ)、長期旅でオス化した著者が女を取り戻す挑戦の旅を綴った『恋する旅女、美容大国タイ・バンコクにいく!』(幻冬舎)など。
オフィシャルHPhttp://nozomikobayashi.com
インスタグラム:https://instagram.com/nozokoneko/
フェイスブック:https://www.facebook.com/nozoko.1007

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】猫の近くでタバコを吸うってありですか? (1.20)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】パートナーはいるだけで有難い。 (1.20)

  • 連載

おかえりにゃさい〜!猫によって違う飼い主のお出迎え(笑) (1.19)

  • 連載

【犬と猫の同居生活】ごはんで気をつけることは? (1.19)

  • 連載

【ねこのはてな】のどを鳴らすゴロゴロ音にはすごい効果があった!? (1.19)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】思いがけない収入でホクホク。 (1.19)

  • 連載

【ねこのはてな】電話中に猫が鳴くのはなんで? (1.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】システム構築が鍵。 (1.18)

もっと見る

注目のグッズ

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る