TOP>連載 > 【地球ネコ旅】ルーフィと過ごしたお正月/バルセロナ・スペイン

  • 連載

【地球ネコ旅】ルーフィと過ごしたお正月/バルセロナ・スペイン

小林 希の地球ネコ旅

あけましておめでとうございます。皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか?

私はというと、世界をあちこち行くようになって、もう5年ほど日本でお正月を迎えていません。

会社を辞めて旅にでた2011年12月27日、すぐに初めての年越しがあり、そこはインドネシアでした。爆竹のけたたましい音と火事が起きているのではと思うほどの煙、全インドネシア人が集結しているのではと思われるほどの人の中、まったく一歩も前に進めずにいました。

その後、スリランカ、ペルー、キューバで年越しをして、2016年はスペインのバルセロナで迎えました。

バルセロナには昨年末から来ていて、アパートの一室に滞在しています。アパーとにはルーフィという白猫がいて、部屋を徘徊しています。

1
タイルが可愛いアパートの床でくつろぐルーフィ

2
長い廊下をいつも徘徊している

空港からアパートに到着するとすぐ、ルーフィが私の部屋に来て、挨拶をしてくれた。一通りのものを嗅ぎ終わると、よろしくねといって部屋から出ていきました。

バルセロナは冬でも日中は半袖になる瞬間があるくらい、太陽が眩しく晴れている日は汗がでてしまう。街は地中海沿いにあって、美味しい魚介類のお店が港沿いにあり、キッチュなモデルニズムの建築がたくさんあって、街歩きは年中気持ちよさそう。

3
私の部屋にきてご挨拶

4
その後すぐ、「開けてちょうだい」と部屋から出て行きました。

(お知らせ)地球を歩いて回って出会った世界の猫たちの写真を紹介するインスタグラムを始めました!

ぜひ、フォローしてください!
https://www.instagram.com/nyantravel/ 

 

n2

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

1982年、東京都出身。IT企業に7年勤め、退社したその日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。帰国後、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)でデビュー。現在も45か国以上を旅しながら執筆活動を続け、ネットやラジオ、雑誌などで活躍。近著に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、『世界の美しい街の美しいネコ』(エクスナレッジ)、長期旅でオス化した著者が女を取り戻す挑戦の旅を綴った『恋する旅女、美容大国タイ・バンコクにいく!』(幻冬舎)など。
オフィシャルHPhttp://nozomikobayashi.com
インスタグラム:https://instagram.com/nozokoneko/
フェイスブック:https://www.facebook.com/nozoko.1007

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ねこのはてな】電話中に猫が鳴くのはなんで? (1.18)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】システム構築が鍵。 (1.18)

  • 連載

【ねこのはてな】猫のお腹が白いのはなんで? (1.17)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】パートナーの存在が自分を前に。 (1.17)

  • 連載

【猫に出逢えるハッピースポット】 難攻不落の名城、唐澤山神社。(城マニアの聖地) (1.16)

  • 連載

【ネコ占い はっぴーにゃんこ】お財布事情の回復。 (1.16)

  • 連載

【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき? (1.15)

  • 連載

沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る